仮想通貨の儲かる情報を公開中!

ビットコイン「クジラ指標」の買いサイン点灯!今後どうなる?

仮想通貨ニュース

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は下落

本日、ビットコインは189万円台で推移しており、ここ24時間で約2%下落。

時価総額トップ10では、リップル(XRP)のみ約3%上昇していますね。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

ビットコイン「クジラ指標」の買いサイン点灯!今後どうなる?

仮想通貨分析企業クリプトクオントのキ・ヨンジュCEOによると、ビットコインは今こそ「ロング(買い)」がベストなようです。

ビットコイン価格(上)とクジラの取引所への入金量(下)

上図は、クジラ(ビットコインの大口投資家)による取引所へのビットコイン入金を示しています。

クジラの入金は増加し「グリーン」のゾーンに差し掛かったものの、現在、再び「レッド」のゾーンに下落してきています。

「グリーン」のゾーンは、クジラがビットコインを「ウォレット→取引所」へと移動させてビットコインを売却していることを意味します。

そのため短期的には下落するケースが多いものの、中長期的には歴史的に「押し目買い」のタイミングです。

一方の「レッド」は、クジラが「ガチホ」傾向にあることを意味しており、ビットコインにとって強気です。

歴史的に「グリーン」を経て「レッド」のゾーンに戻った場合には、押し目買いの最適なタイミングになりやすい傾向にあります。

クリプトクオントのキ・ヨンジュCEOは、このデータをふまえて次のように述べています。

「BTCはさらに下落する可能性があるが、ここでロングして下落を我慢する方が良い。18,280ドルでロング。今年の年末(または来年早々)には20000ドルを狙えるという強気のチャートを投稿しよう。」

阿部悠人の考察(重要度★★)

クジラの売却の動きのピークは過ぎたようですね。

とはいえ、油断は禁物。特に、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物の「ギャップ埋め」には注意しましょう。

ジンクスどおり、ギャップが埋まりつつあります。

完全に埋まれば、短期的には16890ドル(約176万円)まで下落することになるため、注意が必要ですね。

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • ビットコインの「違法目的の利用」は減少傾向にあると分析企業Ellipticが発表
  • 国内取引所FXcoinが国内初の「XRP(リップル)基軸の取引ペア」3種を提供へ
  • 英スタンダード・チャータード銀行が「2021年に機関投資家向けカストディ」提供を開始
  • リップル保有者のSparkトークンの権利確定日「スナップショット」が明日(12日)に迫る

国内取引所であれば、基本的にSparkトークンの付与に対応しています。

確実に早く受け取るには、Binanceへの保管がオススメです。

リップル保有者は取引所ごとの対応を確認しつつ、12日午前9時(日本時間)のスナップショットに備えましょう!

本日のまとめ

  • クリプトクオントによると、クジラ(ビットコインの大口投資家)による取引所へのビットコイン入金が減少している。売り圧力の減少→価格上昇が期待される

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!

タイトルとURLをコピーしました