損した時こそ冷静に!投資で勝つ人が必ず持っているものとは?

こんにちは、阿部です。

株やFXなど、暗号通貨もそうですが、相場に関わる投資って、「上がるか下がるか」どっちかしかないわけで、確率的には50%なはずなのに、、、

実際は、多くの人が敗者になっている。それが現実だったりします。

『勝者と敗者』どこでその違いが生まれてしまうのか?

今回は、その理由についてお話しようと思います。

勝率100%なんてありえない

ところで、あなたは投資で損をしたいと思いますか?

「バカなこと聞くなよ!」

「んなわけないだろー!」

ですよね、、投資で負けたくない。

誰もがそう思います。

しかし、100%勝ち続ける人なんて誰一人としていません。

もちろん、僕もそうです。利益を上げる事もあれば、損失を出す事もあります。

でも、正確には損をしたという感覚ではなく、「次に勝つためのチャンスを待っている」そんな感じです。

人は得することの喜びよりも、損失の痛みを大きく感じる生き物です。

1万円の”お得”より1万円の”損失”100万円の”お得”より100万円の”損失””得”よりも”損”の方が、大きく感じてしまうのです。

なので、投資で”損”を出した時には、とにかく動揺して、うろたえてしまう、そんな人が多いです。

そんな弱い気持ちは、さらに損失を加速させてしまう。そんなことも現実にあります。

暴落した時に、とにかく不安に襲われて、狼狽売り、投げ売り、してしまう感じです。

後で冷静に考えれば、あの時に売らず買っていたら、ガッツリ儲かったのに、、

そんな”タラレバ”を繰り返しても意味がありませんよね。

ちょっと、想像してください。

もしもあなたが、投資で大損したとします。

  • あなたはどうしますか?
  • 誰かに相談しますか?

それで失敗を取り返せるならいいのですが、きっと意味がありませんよね。

あーでもない、こーでもない、タラレバを繰り返しながら自分を責め続けますか?

冷静な分析ならいいですけどやったやらないの反省はあまり意味がありません。

投資で勝つ人が持っているもの

投資で成功している人は、たとえ損をしても必ず持っているものがあります。

それは、「余裕」です。

勘違いしないでほしいのは、ただ金銭的に余裕があるということではありません。

「ココロ」の問題です。

投資で100%の勝率などあり得ません。

たとえトータルでは勝っている人でも、負けが込んでいる時期もあるし、もちろん失敗もします。

しかし、失敗の後にこそ、必ずチャンスが訪れるのです。

『まずは負けを認める。そして、次のチャンスに備える』これが何より重要なのです。

”余裕”がないと、いつまでも失敗を引きずってしまって、次のチャンスまで見逃してしまいます。

ですから、失敗した時にこそ「いつか風向きは変わるさ〜」

そんな感じで、どれだけ冷静になれるかで、次のチャンスを手にする事ができるのかそれが決まってしまいます。

とはいえ、「損失を取り返そう」という気持ちが強いほど、冷静な判断ができなくなります。

そして、つい、リスクの高い取引をしてしまう。そんな時には、やはり勝てないものです。

余裕があれば、冷静にチャンスかどうかの判断ができるのです。

たとえ、どんな修羅場であっても”余裕がある”人間は強いです。

投資の損は投資で取り返せ!

世の中の専門家たちの多くは、投資の損を投資で取り返そうとするとさらに大ヤケドする、、そんな風に言います。

たしかに、投資には冷静な判断が求められます。

決して、感情的に動かない方がいいです。

しかし、投資の損を他で取り返すことは、かなり難しいといえます。

あなたに別の方法があるのならそれでもいいと思うのですが、あえて、僕はこう言いいます。

「投資の損は投資で取り返せ!」そのチャンスが、すぐ目の前にあります。あとは、あなたが手を伸ばすかどうかです。

あなたがそれを実現するためにも僕を利用してくださればいいと思っています^^


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す