ICOファンド「B Cryptos」とは?韓国のICONと提携も発表

こんにちは、阿部です。

株式市場にまとめて投資したい場合、投資信託(ファンド)が利用される場面は多いですよね。

しかし、仮想通貨市場では、そのようなファンドは多くありません。

そういった中、今後の成長が期待される「B Cryptos」というファンドが誕生しました。

B Cryptosは、取引所「QUOINE」がサポートを行う、日本のICOファンドです。

どういったモノなのか、詳しくみていきましょう。

B Cryptosとは?

B Cryptosは、ベンチャーキャピタル「B Dash Ventures」が作ったICOファンドです。

ベンチャーキャピタルとは、比較的ハイリスクな分野への投資を積極的に行い、高いリターンを目指す投資会社です。

成長性が高い分野への投資を行うファンドを運用し、投資家から集めた資本を、伸びしろのある会社や分野に投下します。

B Cryptosは、ベンチャーキャピタルがICO分野の将来性の高さに目をつけ、誕生したファンドといえます。

ICOファンドとしては日本初

B Cryptosの特色は、「同様のファンドがこれまで国内には存在しなかった」ということです。

昨今、ICO分野への投資額はますます増えていますので、ICOファンドの存在は自然だと思うのですが、これまでローンチされていませんでした。

※参考:

ICOは、2018年1~3月で63億ドルに

これは2017年の1年間(54億ドル)をすでに超えています。

昨今ICOの規制が強くなっています。

今後の成り行きにも不安要素はありますが今後も仮想通貨市場・ICO市場の拡大は続いていくことになるでしょう。

規制がかかるペースよりもICOの普及速度がはるかに早いのが近年の市場の現状となっています。

日本でもB Cryptosのようなファンドが誕生し、B Cryptos経由でICO市場に資金が投じられることで、盛り上がりが加速していくはずです。

B Cryptosの「ICOに資金を投じる」という性質上、信頼性が確保されているのか、どの程度しっかりとしたファンドなのか、という部分にも関心が集まると考えられます。

ですから、現在明らかになっているB Cryptosの体制を見てましょう。

ファンド規模は100億円レベル

B Cryptosは、100億円規模を運用するファンドとして設立されました。

これだけの規模のICOファンドは、国内のみならず、海外にも大きな存在感を与えます。

しかも、国内の有名取引所であるQUOINEのサポートも、信頼感を高めている要因になっていますね。

ICO関連のファンドとなると、通常のベンチャーキャピタル以上に信頼性の確保が必要になってきますので、こうした体制は高い好感度が期待できるでしょう。

B Cryptosは韓国「ICON」とも提携

B Cryptosについての最新ニュースは、韓国のブロックチェーンプラットフォーム「ICON」との提携です。

ICONといえば、ICONプラットフォーム上で利用される仮想通貨「ICX」が有名ですよね。

今後、B CryptosとICONは協力しながら事業を進めていくとみられます。

ICOINはまさに現役で仮想通貨市場を生き抜くプラットフォーム。

提携することでB Cryptosが得られる恩恵も大きいでしょう。

今回は、これから注目されるICOファンドB Cryptosについてご紹介しました。

投資家として、投資ファンドを知っておき、さらに広い視野で分析していきたいところですね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す