ビットコインの財布「ウォレット」基本のセキュリティを簡単解説

 

 

こんにちは、阿部です。

 

ビットコインを保管するためには

「ウォレット(財布)」が必要です。

 

ウォレットは

セキュリティ上とても大切なもの。

 

ビットコインを購入したり投資を始めたりする前に

まず、ウォレットについての基礎知識を勉強しましょう。

 

ウォレットを知ることはセキュリティを知ること

ビットコインは、インターネット上に存在する暗号通貨(仮想通貨)です。

 

そのため

日本円などの通常の通貨とは管理方法が異なります。

 

たとえば

日本円を安全に保管するためにはどうすればよいか。

銀行口座に入れておくことも十分安全だと思いますが

銀行が信頼できないなら

現金にして自宅の金庫に保管するのもよさそうですね。

 

ではビットコインはどうでしょうか?

 

ビットコインは暗号通貨なので

現金という概念はありません。

 

ビットコインの秘密鍵(詳しくは後述)を

紙に印刷して保管するアナログな方法もありますが

それでもビットコイン自体は

インターネット上に存在することに変わりはないのです。

 

安全なウォレットに保管することが重要

近年、LINEなどのインターネットアカウントの乗っ取りが問題になっていますね。

 

アカウントは

パスワードでロックされているはずですが

案外たやすく乗っ取られてしまいます。

 

アカウント同様

ビットコインを利用するためのパスワード(秘密鍵)も

文字列の集合なので、注意が必要です。

 

もしビットコインの秘密鍵が流出してしまったら

盗まれたも同然だと思ったほうがよいでしょう。

 

インターネットのアカウントと異なり

ビットコインは通貨そのものです。

その分、余計に狙われやすい。

 

だからこそ

ビットコインを安全に保管する

ウォレットの知識が必要なのです。

 

ビットコインの秘密鍵とは?

ビットコインにとって重要な文字列が2つあります。

 

「アドレス」と「秘密鍵」です。

 

ビットコインを使うためには

アドレスと、それに対応する秘密鍵の

2つを知っている必要があります。

 

秘密鍵を他人に知られなければ

ビットコインを勝手に使用される危険はありませんが

裏を返せば

アドレスと秘密鍵を知っていれば

誰でもそのビットコインを使うことができるのです。

 

つまり

ビットコインを所有するということは

「自分しか知らない秘密鍵がある」ということなのです。

(もしくは、信頼できるウォレットと自分しか知らない)

 

ウォレットは秘密鍵の保管庫

ビットコインを所有しているということは、自分しか知らないアドレスと秘密鍵のビットコインがあること。

 

これは

ビットコインおよびウォレットの本質ともいえる部分です。

 

つまり

アドレスと秘密鍵を「紙に記録しておく」ことも

立派なウォレットの代わりになる。

 

文字列を安全に記録できれば

ある意味、どんなものでもウォレットになるのです。

 

しかしこれでは

気軽にビットコインを使うことができなくなります。

アドレスと秘密鍵はとても長い文字列だからです。

 

そこで

ビットコイン専用のウォレットが登場します。

 

利便性の高いウォレットに

ビットコインの秘密鍵などを保存し

必要なときにすぐにアドレスと秘密鍵を呼び出せるようにしておくのです。

 

ウォレットは

ビットコインの財布といわれますが

本質的には「アドレスと秘密鍵の保管庫」と

いったほうがよいことがわかりますね。

 

 ウォレットを利用すると秘密鍵が漏れる?

上述のように、ビットコインの秘密鍵は他人に知られないことが大切です。

 

が‥

ウォレットにビットコインを預けると

ウォレットの管理者に秘密鍵が知られる可能性があります。

 

ウォレットには種類があり

「インターネット上のウォレット」や

「パソコンやスマートフォン上のウォレット」などがあります。

 

パソコンやスマートフォン上のウォレットの場合

インターネット上のウォレットと比較して

安全性が高いと考えられています。

 

秘密鍵の保存は

自身の所有する端末でおこなわれるからです。

 

オフライン環境のコンピュータに保存すれば

ハッキングされる可能性もなく

秘密鍵が他人に知れることはありません。

 

インターネット上のウォレットの信頼性

しかし、インターネット上のウォレットの場合、アドレスと秘密鍵をウォレットサービスの提供者に預けることになります。

 

つまり、自身に加えて

ウォレット管理者もアドレスと秘密鍵を把握している状態です。

 

このため

インターネット上のウォレットは信頼性が極めて重要です。

 

ビットコインのアドレスと秘密鍵を知らせることになるため

仕組み上、その気になればいつでも

ビットコインを使われてしまう可能性があるからです。

 

インターネット上のウォレットを利用することは

銀行にお金を預けることと似ています。

自身の手元にお金がなく、コントロールできない状態です。

 

大半の銀行は信頼性が高いため

お金を預けても安心していられますが

ビットコインのウォレットを

銀行と同じレベルで信頼するのは避けるべきでしょう。

 

秘密鍵を誰にも知られないウォレットを利用する

残念ながら、インターネット上で保管するウォレットを安全だと思い込んでいる方もいます。

 

ビットコイン取引所のウォレットのそのうちの1つで

ビットコインのアドレスと秘密鍵を握られている状態です。

 

このようなウォレットに

多額のビットコインを保管していませんか?

 

もちろん

このようなウォレットを利用しないほうがよい、

ということではありません。

 

インターネット上のウォレットは

利便性に優れているため

全く利用しないというのも難しいでしょう。

 

大切なのは

多額のビットコインの秘密鍵だけは

誰にも知られないようにする、ということです。

 

日常的に使用するビットコインと

長期的に使用しないビットコインを分けるということですね。

 

長期的に使用しないビットコインに関しては

インターネットに接続しないパソコンやスマートフォン上の

ウォレットや、ペーパーウォレットがおすすめ。

 

このように

セキュリティの意識をしっかり持って

ウォレットを選ぶようにしましょう。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す