仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨BitTorrent(BTT)とは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「BitTorrent(ビットトレント/BTT)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

トロン創設者のジャスティン・サン氏が手がける仮想通貨らしいけど、具体的には何に使われるの?」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて徹底解説。

この記事でわかること
  • BitTorrentとは
  • BitTorrentの将来性
  • BitTorrentの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

BitTorrent(ビットトレント)とは

出典:BitTorrent

BitTorrentとは、世界に1億人以上のユーザーを有するP2P(分散型)プロトコルサービス、もしくは同じ名称の仮想通貨です。

BitTorrentを利用すると、大容量のファイルをユーザー間で共有(送信・受信)することができます。

なお2018年には、仮想通貨TRON(トロン)の創始者であるジャスティン・サン氏がBitTorrentに目を付け、買収しました。

これをきっかけに現在は、サン氏を主導に開発が行われています。

P2Pプロトコルの「BitTorrent」と仮想通貨BTTの関係

仮想通貨BitTorrentは、同名のP2P(分散型)プロトコルサービスとどのような関係があるのでしょうか?

P2PプロトコルサービスのBitTorrentは、世界1億人のユーザーを持つファイル共有サービス。

開始されたのは2001年で、仮想通貨のBitTorrent(BTT)以前から存在しています。

BitTorrentと聞くと、違法なファイルのダウンロードに使われるイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

実際にそのような使われ方がされやすい側面もありますが、本来は、中央集権的な企業のサーバーを使わず、個人間で動画、画像などのファイルをやり取りする環境を提供しています。

大変人気のサービスだったのですが、BitTorrentは利用料金が無料なので、経営状況が悪化していました。

しかしトロンの創業者のジャスティン・サン氏が、「BitTorrentは仮想通貨と組み合わせると伸びる!」と直感し、BitTorrentを買収。

独自トークンであるBitTorrent(BTT)を発行したという経緯があります。

BitTorrentの将来性は?

それでは、BitTorrentの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

BitTorrentは利用用途が明確

仮想通貨BitTorrentは、P2PプロトコルサービスBitTorrent上での明確な使い道が与えられています。

それは「高速化の料金」と「インセンティブ」です。

BitTorrentの用途①高速化の料金

BitTorrentは、独自トークンを発行後「BitTorrent Speed」というサービスを開始しました。

BitTorrent Speedとは、BitTorrentの機能の1つである「ファイルのダウンロード」を高速化できるサービスのこと。

この機能はオプションとして用意されており、「BTTを支払ってくれた人だけ、優先的に高速化しますよ」という仕組みになっています。

BitTorrent Speedは、BitTorrentが以前より温めていたアイデア。

BTTの使い道が広がったことや、プロジェクトが着実に前進していることが評価され、トークン価格の上昇にもつながりました。

付け加えると、BitTorrentにはデータを保管できるストレージサービスがあり、BitTorrentはこの利用料金としても機能します。

BitTorrentの用途②インセンティブ

また、BitTorrentでは、他の人がより速くダウンロードできるように協力したり、システムの維持に欠かせないアップロードを行うと、BitTorrentからBTTでインセンティブ(報酬)が支払われるようになりました

これにより、ユーザーは、よりBitTorrentの成長につながる行動を取るようになります。

BitTorrentは「消えてなくならない」通貨?

BitTorrentは、ビットコインが誕生するかなり前(2001年頃)から存在するサービスです。

そういった意味では、ここ1~2年で立ち上がったプロジェクトとは「地盤が違う」と言えるでしょう。

BTTトークンが消えてなくなることは考えにくいので、投資家としてはガチホしやすい仮想通貨と言えるかも知れません。

BitTorrentはジャスティン・サン氏が手がける

BitTorrentは、ジャスティン・サン氏に買収されたことでトロン傘下に入りました。

サン氏は非常に影響力の高い人物。

仮想通貨トロン(TRON)を創設しただけではなく、世界三大投資家の一人であるウォーレン・バフェット氏とのランチ券を5億円で落札し、話題になったこともあります。

仮想通貨市場では同氏のリーダーシップは絶対であり、その傘下に入ったことで、BitTorrentはある意味、強力な広告塔を得たとも言えるでしょう。

BitTorrentの買い方

BitTorrentは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました