仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Burger Swapとは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「Burger Swap(バーガースワップ/BURGER)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

Binance Smart ChainでイールドファーミングできるAMMを探しているんだよね」

という方はいませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Burger Swapとは
  • Burger Swapの将来性
  • Burger Swapの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Burger Swap(バーガースワップ)とは

出典:Burger Swap

Burger Swapとは、Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)上の分散型取引所(DEX)。

Burger Swapでは、AMM(自動マーケットメーカー)と呼ばれる、オーダーブック(取引板)を利用せずに仮想通貨を取引できる仕組みを採用しています。

AMMと聞くと、イーサリアムのERC20トークンに対応したUniswapやSushiswapを思い浮かべる方も多いでしょう。

同プロジェクトもそれらと似た仕組みを提供していますが、Burger SwapではBinance Smart ChainのBEP20トークンに対応しているのが大きな違いです。

なお、BurgerSwapは、別名「DEMAX」と表記されることもあります。

Burger Swapの魅力はイールドファーミング

イールドファーミングとは、Burger Swapのような自動マーケットメーカー(AMM)に仮想通貨を預け入れることで、利息収入を得る運用方法。

AMMは取引所の一種なので、仮想通貨を交換するには手数料が発生します。

イールドファーミングでは、その手数料を元に収益を得ることができるんですね。

Binance Smart Chainは歴史が浅いチェーンなので、今後、各種AMMが整備され、イールドファーミングの環境が整っていくと予想されています。

まだ黎明期なので、Burger Swapでは高い利回りでイールドファーミングできるのが魅力ですね。

Burger Swapの将来性は?

それでは、Burger Swapの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

Uniswapの「Binance Smart Chain版」?

イールドファーミングについて調べている方は、「Uniswap」「SushiSwap」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これらはイーサリアムのERC20トークンを交換できるAMMです。

一方、このページで解説しているBurger Swapや、過去記事で紹介したBakeryTokenやPancakeSwapは、Binance Smart Chainに対応するAMMです。

似たようなプロジェクトが乱立しており、Burger Swapも「二番煎じ」のひとつではあるのですが、数年後にどのプロジェクトが主要なAMMになっているのかはまだわかりません。

ただし、イーサリアム系と、Binance Smart Chain系のAMMを比較した場合、直近で勢いがあるのは間違いなく後者でしょう。

2021年2月現在、イーサリアムが高騰している影響で、イーサリアム系のAMMでイールドファーミングするために支払うGas(手数料)が法外なほど高騰しています。

そんな中、Binance Smart Chainはスケーラビリティに優れているので、送金は早く、手数料もほとんど無料で使うことができます。

この状況が続く限り、イーサリアム系のイールドファーミングのユーザーは、Binance Smart ChainのAMMへと乗り換え続けるはずです。

そうした中で、Burger Swapもその候補のひとつとして注目されています

Burger Swapは「民主的」なのが特徴

Burger Swapは数多くあるAMMのひとつ。

ライバルと比較して似ていることは否定できませんが、強いていえばその特徴はユーザーにプロジェクトの方向性を委ねる「民主派」プロジェクトであることです。

プロジェクトの方向性を決める「ガバナンス」の自由度が高く、具体的には、

  • AMMの取引手数料
  • ステーキング報酬
  • マイニングスピード

などが(プロジェクト側ではなく)ユーザー側の投票に委ねられているようです。

Bscexとの戦略的パートナーシップを締結

2021年1月、Burger Swapは取引所のひとつであるBscexとの戦略的パートナーシップを発表しました。

Bscexは、外部のAMMでイールドファーミングによる利息収入が得られるサービスを提供しており、Burger Swapもそのひとつとしてリストアップされました。

今後、Bscexを経由して、Burger Swapが利用できるようになります。

間接的に、Burger Swapの独自トークンであるBURGERの買い圧力増加も期待できるでしょう。

Burger Swapの買い方

Burger Swapは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました