仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Flow(フロー)とは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「Flow(フロー)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

最近話題のNFT関連の仮想通貨らしいけど、もう少し詳しく知りたい」

と思っていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Flowとは
  • Flowの将来性
  • Flowの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Flow(フロー)とは

出典:Flow

Flowとは、幅広いユースケースを想定するイーサリアムとは違い、ゲームなどのエンタテインメントに特化したプラットフォーム提供する仮想通貨です。

すべての技術的な仕様が、ゲームのDApps(分散型アプリケーション)を構築することに最適化されています。

たとえば、スケーラビリティ問題(手数料の高騰)への対処法にも、Flow独自の工夫があります。

それは、シャーディングやレイヤー2などの技術を安易に使わず、高い処理速度を実現していること。

シャーディングやレイヤー2はいずれも有用な技術ではありますが、「ゲーム」の用途に限っては、ユーザーの使い心地を悪化させてしまいます。

Flowは「ゲーム特化のイーサリアム」と考えることもできるでしょう。

Flowトークンとは

独自トークンの「Flow」には、幅広い使い道があります。

まず、Flowをステーキング(所定の場所に預ける)ことで、利息収入を得ながら、ブロックチェーンの維持に貢献することが可能。

さらに、(イーサリアムのGasのように)トランザクション手数料の支払いに使われます。

最後に、Flowのブロックチェーンを採用したあらゆるゲームで、独自トークンのFlowが利用可能ですゲーム通貨イメージ

もちろんFlowには値動きがあるので、Flowのブロックチェーンの成長に期待して、投資目的で保有することができます。

Flowの将来性は?

それでは、Flowの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

Flowはあのクリプト・キティーズ(Crypto Kitties)をリリース

イーサリアムの人気ゲーム「クリプト・キティーズ」をご存じの方も多いでしょう。

実はFlowを手がけているダッパーラボ(Dapper Labs)は、過去、あのクリプト・キティーズをリリースした会社なんです。

クリプト・キティーズの爆発的な人気の高まりで、トランザクション(取引)は異常なまで高騰し、ETHはスケーラビリティ問題(手数料の高騰)に陥りました。

そんな経験があるダッパーラボだからこそ、「こんなブロックチェーンがあれば」とのことで、Flowを開発したのです。

その後、高い技術力に共感した企業が次々にFlowを採用。

最近では米NBAとも提携しているゲーム「NBA Top Shot」がFlow上でNFTを発行し、Flowの爆上げにつながりました。

Flowのどこが「ゲーム特化」なのか?

ブロックチェーンの開発企業が「イーサリアム」ではなく「Flow」を採用する理由はどこにあるのでしょうか?

まずイーサリアムは、汎用性の高いプラットフォームであり、ゲームに特化しているわけではありません。

そのため、スケーラビリティが低く、手数料が高騰しやすいデメリットがあります。

これは僕たち投資家にとってもやっかいな問題ですが、あくまで「ゲームを遊びたくて仮想通貨を使っている」ライトユーザーからすると、もうわけがわからない現象。絶対に避けなければなりません。

ゲームのためにトランザクションを行うだけで、場合によっては数千円の手数料を支払わされてしまうのですから、ユーザーはすぐに離れてしまうでしょう。

ここをFlowは解決しているわけですね。

またイーサリアムではなくFlowを採用すると、ブロックチェーンゲームのユーザービリティ(ユーザーの使いやすさ)を向上させることができます。

たとえば、Flow以外のブロックチェーンでは、トランザクションが正しく行われなかった場合、その理由をプレイヤーにわかりやすく通知することは技術的にできません。

Flowはゲームという用途に限定しているので「かゆいところに手が届く」わけなんですね。

Flowは成長する「NFT市場」の恩恵を受けるか

NFTとは「ノン・ファンジブル・トークン」のことで、「代替できない唯一無二のトークン」を意味します。

何やら難しそうですが、特定のゲームのキャラクターや、アイテムなどを示すトークン規格と考えるとわかりやすいでしょう。

NFT市場は今、コインチェックが専用の取引所をリリースするほどの盛り上がりを見せています。

Flowはブロックチェーンゲームに特化したプロジェクトなので、今後、Flowを使ってさまざまなゲームが構築され、同時にNFTも発行されることが期待されます。

NFT市場に注目して仮想通貨に投資する人が増えていますが、そんな方にとって、Flowは見逃せない銘柄となりつつあります。

Flowの買い方

Flowは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のGate.ioで買うことができます。