仮想通貨の儲かる情報を公開中!

BTC暴落の最中、エルサルバドルが約152万ドル(2億円)を買い増し!

仮想通貨ニュース

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は横ばい

本日、ビットコインは260万円台で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし。

時価総額トップ10では、上昇と下落の通貨がまちまちとなっています。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

BTC暴落の最中、エルサルバドルが約152万ドル(2億円)を買い増し!

ビットコインを法定通貨に採用するエルサルバドル政府は、19,000ドルの平均取得価で80BTCを買い増ししたことが判明。

同国のNayib Bukele大統領が明かしました。

購入金額は法定通貨に換算すると約152万ドル(2億円)とされています。

これで、エルサルバドルが保有する仮想通貨の合計保有枚数は2381BTCとなりました。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

ビットコイン暴落の最中、エルサルバドル大統領はBTCの長期投資に強気です。

5月の買い増しでは410BTCを購入したのに対し、今回は80BTCに留まりました。

しかし、一国がビットコインを心理的にも「買い支えている」構図に変わりはなく、ツイッターでも多くの注目を集めています。

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • ステップンのDEXがソラナ上での利用者数No.1を記録
  • ビットコイン、四半期で56.2%下落は「歴代ワースト記録」
  • イーサリアムが「Gray Glacier」実装完了
  • リップル共同創業者マケーレブ氏のXRP売却ペースが加速

リップルのクジラであるマケーレブ氏は、今後数週間ですべての保有するXRPを売り切る見通しです。

今後、XRPの売り圧要因がひとつ消えることが期待されます。

本日のまとめ

  • エルサルバドル政府は、19,000ドルの平均取得価で80BTCを買い増ししたことが判明。ビットコイン暴落の最中の買い増しは、投資家心理にポジティブに作用しそうだ

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!

タイトルとURLをコピーしました