仮想通貨の儲かる情報を公開中!

SBIが取引所事業をいよいよ開始!2018年夏を目安に!

仮想通貨ニュース

こんにちは、阿部です。

SBIホールディングスがいよいよ仮想通貨取引所として本格始動する様子です!

大企業よりも、むしろ小規模の企業により運営されてきた仮想通貨の取引所。

しかし今後はSBIホールディングスが参入することにより、取引所の大規模化が進んでいくことでしょう。

仮想通貨業界全体がますます盛り上がっていきそうな雰囲気です!

それでは、ニュースの詳細を見ていきましょう。

2018年夏にもSBIの取引所が本格始動か

SBIホールディングスは、2017年に仮想通貨交換業者の登録を済ませていました。

しかし、その後コインチェックによるネム流出事件が発生。

その影響により、業務の開始を見送っていた状況でした。

SBIホールディングスはネット証券として国内最大規模を誇っている大御所です。

そのため、参入時期は多くの投資家も注目していたところです。

それがこのたび、2018年夏、本格的に動き出す可能性が高いと発表されました。

ただしSBIホールディングスの決算説明会によると、「早ければ」2018年夏スタートとのことなので、遅れが出る可能性もあるかもしれませんね。

SBIホールディングスとは?

SBIホールディングスは、「住信SBIネット銀行」「SBI証券」「SBI損害補償」などの大手サービスで知られる、日本を代表するインターネット系金融企業です。

東京証券取引所の一部上場企業なので、仮想通貨以外の分野でも日本トップクラスの企業といえるでしょう。

同社は仮想通貨の可能性を高く評価しており、これから本格的に仮想通貨業界へ参入してくるといわれています。

取引所業務を開始すれば、数年間でビットフライヤーなどを上回るような、業界最大級の取引所となることも考えられるでしょう。

それほどのポテンシャルを秘めた企業です。

北尾社長「あっという間にナンバーワンになる」

SBIホールディングスの北尾社長は、同社が仮想通貨業界への参入することについて、「どうせ私どもがやりだしたら、あっという間にナンバーワンになる」と発言しています。

取引所業務を「副業」ではなく「本業」のようにを捉えて真剣に取り組むのだという強い意志を感じますね。

SBI参入で仮想通貨市場はどう変わる?

それでは、SBIホールディングスによる取引所運営で、業界にどのような変化が考えられるでしょうか?

まず1つ考えられるのは、ズバリ「仮想通貨市場規模の底上げ」です。

SBIの参入により、日本の仮想通貨業界が大いに盛り上がる。

最終的には、仮想通貨価格にポジティブな影響をもたらす可能性があります。

これは決して大げさなことではなく、SBIのような企業の参入は仮想通貨業界にとって大きなインパクトをもたらします。

大企業の参入=仮想通貨の普及?

現在ではSBIホールディングスだけではなく、多くの世界的企業が仮想通貨業界に関心を持っています。

なぜ今、大企業が仮想通貨に関心を持っているのでしょうか?

1つは、仮想通貨市場の時価総額が大きくなってきたことで、企業にとってビジネスチャンスが大きくなっていることです。

数年前まで仮想通貨を利用しているユーザーも限定的だったので、結果として取引所なども小規模な企業が中心でした。

しかし現在では、大企業が参入しても元はもちろん利益が取れるほど、仮想通貨業界の規模が大きくなっているのです。

また別の見方をすれば、「SBIのような大企業が参入するからこそ、市場規模が大きくなる」ともいえます。

テレビCMなどの広告が打たれたり、宣伝も盛んに行われ、仮想通貨のイメージが一気にアップするからです。

大企業の信頼度は高い

SBIホールディングスのような大企業は、世間の人々になじみが深い会社であり、実際に信頼されています。(銀行や証券会社ですから当然ですよね)

そのため、SBIが宣伝してくれることで「仮想通貨には興味があるんだけど、何だか不安だ」と思っている潜在的な仮想通貨ユーザーも、投資に踏み切ってくれる可能性が高くなります。

このため、大手企業の参入は値上がりに直結しやすいのです。

仮想通貨業界は、個人のTwitterアカウントによる「○○コインはこれから値上がりするぞ!」といった発言ですら急騰することがあります。

SBIホールディングスなどの大手企業の動向は、なおさら注目していきたいところですね。

タイトルとURLをコピーしました