仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Handshakeとは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「Handshake(ハンドシェイク/HNS)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

インターネットの仕組みを根本から変える仮想通貨って聞いたけど、本当?」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Handshakeとは
  • Handshakeの将来性
  • Handshakeの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Handshake(ハンドシェイク)とは

出典:Handshake

Handshakeとは、Webサイトのアドレス(URL)を非中央集権的な仕組みで所有取引できる仮想通貨プロジェクト。

ビットコインの注目技術Lightning Network(ライトニングネットワーク)を考案したJoseph Poon氏が携わっています。

さて、「Webサイトのアドレスを取引」を聞いても、ピンと来ない方がほとんどでしょう。

現在のインターネットの仕組みは、「DNS」というピラミッド構造で成り立っています。

インターネットにアクセスする際には、URL(たとえば、abeyuto.com)という文字列をクリックします。

これは僕のブログなのですが、このURLのドメインの最後は「.com」となっていますよね。

「.com」は、画像のピラミッドのトップである「Root」に位置する、中央集権的な機関「ICANN」の管理下にあるTLD(トップレベルドメイン)のひとつです。

インターネットも結局のところは、中央集権的なピラミッド構造によって管理されています。

仮想通貨Handshakeは、こうした既存のDNSと似た仕組みを、非中央集権的な仕組みによって成り立たせることを目指しています。

具体的には、「.com」に値するトップレベルドメインを自由に作成し、ブロックチェーン上で管理します。

そうすることで、政府からのインターネットの「検閲」をなくし、自由とプライバシーを守ることができます。

Handshakeの独自トークン「HNS」とは?

HNSとは、Handshakeの独自トークンで、仕組みを維持するために機能します。

Handshakeを使うと、ユーザーが自由にトップレベルドメインを作成したり、購入したりすることができます。

HNSはその決済に使うことが可能です。

Handshakeはビットコインのように非中央集権的な仕組みで稼働しています。

システムが正しく処理されているかを検証するためのマイニングが存在し、マイナーはコンピュータの計算能力を使ってHNSを入手できます。

現在、ブロック生成時間はビットコインと同じ10分で、1回のマイニングで2000HNSを採掘できます。

Handshakeの将来性は?

それでは、Handshakeの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

トップレベルドメインの真の「所有者」になれる

すべてのサイトは、本当の意味でサイト運営者が「所有している」とは言えません。

なぜなら、DNSはピラミッド構造になっており、Rootである「ICANN」や、ICANNの下に位置するVerisign社(.comを管理)、日本レジストリサービス(.jpを管理)といった中央集権的な企業に管理されているからです。

たとえば、ビットコインの投資家は、ビットコインの「政府に管理されていない」点を高く評価していますよね。

同じことを、インターネットの根本的な仕組みであるDNSで実現しようとすることに、意味がないはずはありません。

Handshakeは従来のDNS構造の問題点を解決する

とはいえ、インターネットに非中央集権的な仕組みをもたらすことの「具体的な」メリットについて、疑問を感じる方もいるかもしれません。

実は、古いインターネットシステムにはさまざまな問題があり、Handshakeでそれらを解決できると考えられています。

たとえば、DNSのピラミッド構造は、1983年に発明された古いシステムですが、それが現在も続いていることで以下のような問題が浮き彫りになっています。

  • 政府や企業により、「検閲」が可能
  • 新たなトップレベルドメインが自由に作成できない(ICANNが「.com」「.net」「.org」「.jp」といったドメインを許可する必要)
  • インターネット事業者がWebの閲覧履歴というプライバシー情報を売却している
  • ドメインサービス業者は、「リース契約」でサイト所有者からドメイン料金を請求している

インターネットに詳しい方ほど、これらは「当然のこと」と感じるでしょう。

しかし、Handshakeによって全く新しい常識が生まれるかもしれません。

もちろん、インターネットの根本的な仕組みを変えることは簡単ではありませんが、近年、「インターネットのプライバシー」が認識されつつあります。

時代の流れはHandshakeに味方をしており、長期的なトークン価格上昇につながる可能性もあるでしょう。

Handshakeの買い方

Handshakeは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のGate.ioで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました