仮想通貨の儲かる情報を公開中!

ライトコインとは?半減期はいつ?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「ライトコイン(LTC)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

ビットコインと似た仮想通貨らしいから、ライトコインも将来有望なのかな?」

とライトコインについて疑問を感じていませんか?

そんな方のために、今回は以下のポイントを徹底解説。

この記事でわかること
  • ライトコインとは?その基本情報
  • ライトコインの将来性
  • ライトコインの購入方法

さっそく、詳しくみていきましょう。

ライトコインとは

ライトコインは、ビットコインと同じ性質を持ちながら、より使いやすい仮想通貨を目指しています。

「ビットコインの弟分」「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」という説明が有名です。

ライトコインは、2011年10月7日に公開されました。

その発行上限枚数は「8400万枚」。これは、ビットコインの2100万枚のちょうど4倍です。

また、ビットコインの送金時間(ブロック生成時間)は「約2.5分」。これは、ビットコインの約10分のちょうど4分の1です。

これにより、ビットコインのように価格が上昇しても、1枚あたりの価格が大きくなりすぎず、さらに送金スピードも理論上4倍であるため、日常決済に最適です。

ライトコインは「日常決済」向き

ライトコインはビットコインと同じように、「マイニング」によって皆で管理を行う、非中央集権的な仮想通貨です。

つまり「政府」「銀行」「企業」などの特定の管理者が存在しません。

こうした仮想通貨はその特性上、送金スピードが遅くなりがちで、決済手段としては向きません。

しかしライトコインは、ビットコインの非中央集権的な性質を踏襲しながらも、送金スピードをUPさせ、日常決済での「使いやすさ」を重視している点が特徴です。

また、ライトコインはいち早く「Segwit」と呼ばれる技術を導入しました。

これは取引データを圧縮することで、ブロックチェーンの「ブロック」あたりに保存できる取引量を増加させる技術です。

Segwitによりライトコインは、送金スピードが早いだけではなく、送金手数料の安さも両立しています。

これが、「ビットコインは金、ライトコインは銀」といわれる理由のひとつです。

ライトコインの将来性は?

それでは、ライトコインの将来性をどのように考えればいいでしょうか?

ライトコインの決済普及率はまだ低い

ライトコインはも日常決済で使われることを目指していますが、決済に対応する店舗は、ビットコインに遠く及ばない現状があります。

これまで、ライトコインはLTCを日常決済で普及させるためのいくつかの試みを行ってきました。

しかしいずれもうまくいっているとはいえません。

たとえば過去、ライトコインを使った即時決済サービス「ライトペイ」が話題になりました。

ライトコインを使って瞬時に買い物ができるというもので、カードや現金を持ち歩く必要すらありません。

  • ライトペイの支払いには手数料が発生するものの、その額はわずか1%。
  • 店舗側が、ローコストでライトコイン決済を導入できる
  • ライトペイ開始にあたって、クレジットカードサービスでおなじみの「VISA」との提携が行われた

といったことから、ライトコインの上昇要因として期待されました。

しかし結果的にはうまくいかず、ライトペイは廃業しています。

その後も、ライトコインのVISAデビットカード「ブロックカード(BlockCard)」がローンチされるなどしていますが、大きな話題にはなっていません。

もちろん、これはライトコインそのものが劣っていることを意味しているわけではありません。

しかし現状では、ライトコイン自身が狙っているほどは、ビットコインと差別化できていません。

ライトコインの次回半減期(2023年8月予定)に期待!

では、ライトコインへの投資は避けたほうがいいのでしょうか?

必ずしもそうとはいえません。

僕が期待しているのが、次回のライトコインの半減期(2023年8月)に向けての上昇です。

「そもそも半減期って何?」という方もいるでしょう。

簡単に解説すると、半減期とは「マイナー(マイニングをする人)の報酬が半減する時期」のことですね。

半減した報酬は元に戻ることはなく、次の半減期(4年後)にさらに半減します。

ライトコインの場合、このように倍々でマイナーの報酬は減っていくことになります。

  • 2015年8月の半減期:50LTCから25LTC
  • 2019年8月の半減期:25LTCから12.5LTC
  • 2023年8月予定の半減期:12.5LTCから6.25LTC

さて、ここで注目したいのは、半減期そのものが「上昇要因になる」ということ。

マイナーはライトコインで報酬を受け取っているので、それが市場に出回ると「売り圧力」に変わります。

しかしマイナーの報酬が少なくなれば、売り圧力が下落しますね。

また、新たに生成されるコインが半分になるので、希少価値が増すことも大きいです。

事実、2015年8月の半減期では、ライトコインは約3ヶ月で1.5ドル(167円)→3ドル(335円)へと急騰しました。

また2019年8月の半減期では、ビットコインが大きな下落トレンドにあり、ライトコインが向かい風を受ける中にあったにもかかわらず、直前の1ヶ月で約75ドル(7841円)→107ドル(1万1186円)へと約40%急騰しています。

こうしたことから、個人的には2023年8月予定の半減期の数ヶ月前にエントリーし、7月中旬頃に売り抜ける戦略は、ひとつプランとして有力です。

ただし、まだ先の話なので、市場環境を引き続きチェックしていく必要もあります。

ライトコインの購入方法

ライトコインは国内取引所のビットバンクビットフライヤーで購入できます。

タイトルとURLをコピーしました