仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨SushiSwapとは?今後の価格や将来性、購入方法

コイン

「SushiSwap(スシスワップ)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

DeFiブームの火付け役らしいけど、今後の価格がどうなるかについても知りたいな」

と思っていませんか?

この記事では、SushiSwapの以下の気になるポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • SushiSwapとは?その基本情報
  • SushiSwapの将来性は?
  • SushiSwapの買い方

それでは、さっそく詳しくみていきましょう。

SushiSwap(スシスワップ)とは?

出典:SushiSwap

SushiSwapとは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたAMM(オート・マーケット・メーカー/自律的に機能するマーケットメイカー)です。

同じくイーサリアム上ですでに開発されていた「Uniswap」というDEX(分散型取引所)のプロジェクトを参考にして開発されており、UniswapもDEXのひとつだと考えていいでしょう。

ただし、「参考にして開発された」というのは穏やかな言い方で、実際には「Uniswapのコピペプロジェクト」とも評されています。

(そのため、Uniswapの記事「仮想通貨取引所Uniswapとは?仕組みや使い方、メリットを徹底解説」も気になる方はご参照ください)

SushiSwapが対象とするDEXとは、「特定の管理者が存在しない取引所」であり、通常の取引所と比べて

  • トークンの上場審査などはなく、どんな仮想通貨でも上場可能
  • 「イーサリアム/ERC20トークン」だけではなく、「ERC20トークン同士」を交換することも可能(ERC20とはイーサリアムのブロックチェーン上で発行されたトークンのこと)

というメリットがあります。

この点は、オリジナルの「Uniswap」も後発の「SushiSwap」も同じ。

ただし、Uniswapに対してSushiSwapは、独自トークン「Sushi」を持ち、流動性提供者SushiSwapに仮想通貨を預けた人)にSushiトークンで収益を還元するようにしたという違いがあります。

この点は、「コピペ」ではないSushiSwapのオリジナル要素です。

スシスワップの「スシ」とは?

実は、「SushiSwap」のスシは、あの「お寿司」から来ています。

冗談のような名前をしていますが、これは一連のDeFiバブルでよく見られる「Weird DeFi(奇妙なDeFi)」の一種。

ネタトークンのようにユニークな名前にすることで、ネットで話題となり、普及することを目指すのがDeFiバブルの中でトレンドとなっています。

SushiSwapの将来性は?

では、SushiSwapの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

結論、僕は「不確定要素が多い」点で、あまりポジティブに捉えていません。

(もちろん、「復活」の可能性はあります。仮想通貨プロジェクトは変化が激しいのが特徴のひとつです)。

その理由は、SushiSwapが「大暴騰」し、その後「大暴落」したストーリーを知るとわかりやすいでしょう。

①SushiSwapのバブル絶頂期

先ほどもお話したようにSushiSwapは、Uniswapのほとんど「コピペ」プロジェクトです。

仮想通貨市場を見渡すと、このようなプロジェクトが長きにわたって成功することはめずらしいといえます。

ただ、SushiSwapの数少ない違いのひとつが、SushiSwapには独自のネイティブトークン「Sushi」があること。

これはとてもいいアイデアで、SushiSwapに仮想通貨を預ける(「流動性を提供する」といいます)ことで、投資家は「Sushi」をもらえるようになりました。

しかも「早くSushiSwapに仮想通貨を預けたほうがたくさんSushiがもらえる」という仕組みでした。

SushiSwapに流動性を提供すると「Sushi」をもらえますが、SushiSwap全体での報酬額は「1000Sushi」と決まっているため、SushiSwapユーザーの少ない時期に流動性を提供すると、投資家は少ない人数で1000枚を山分けすることができたのです。

結果「もっと早くSushiSwapに参入したい!」と投資家が殺到し、独自トークンSushiは急騰していきます。

②創設者シェフ・ノミ氏が詐欺を疑われる

しかしその後、SushiSwapの創設者であるノミ氏がSushiトークンを、1300万ドルに相当するイーサリアムに売却したことが判明。

取引所FTXのCEOでSushiホルダーでもあるサム・バンクマン・フライド氏はこれについて、「シェフ・ノミは最低だ」とまで述べています。

事実、創設者による独自トークンの大量売却は出口詐欺とも受け止められかねず「詐欺プロジェクトではないか」との声も挙がりました。

その後、2020年10月現在もSushiトークンは下落傾向です。

なお、シェフ・ノミはトークン売却の過ちを認め、1400万ドル(約14億8000万円)をSushiSwapの開発基金に返金しており、事態は収束しています。

しかし、こうした一連の「SushiSwap劇場」からもわかるように、SushiSwapは「DeFiブームが生んだ一過性のバブル」の可能性もあります。

長期安定上昇が見込めるプロジェクトになるには、一定の変化とイメージUPが必要でしょう。

SushiSwapの購入方法

SushiSwapは国内の取引所では購入できません。

海外取引所のバイナンスで購入できます。

タイトルとURLをコピーしました