仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨The Sandboxとは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

コインチェックがゲーム内の仮想の土地に投資したみたいだけど、これから上昇するの?」

と、気になっていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • The Sandboxとは
  • The Sandboxの将来性
  • The Sandboxの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)とは

出典:The Sandbox

The Sandboxとは、ゲームの仮想空間で、アバター、コンテンツ、土地などのアイテムを作成し、遊ぶことができるゲームメイキングプラットフォーム。

3Dボクセルと呼ばれるブロックを使い、ユーザー主導でゲーム空間を作ることができる点で、人気ゲーム「マインクラフト」と共通点があります。

ゲームのシリーズとなっている「The Sandbox」そのものは、すでに全世界4000万ダウンロードを記録するなど人気を集めていますが、新たに、イーサリアムを活用したブロックチェーンPC版が2021年にリリース予定。

こちらでは、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)と呼ばれる仮想通貨を使って、土地などのアイテムに投資、売買することが可能となっています。

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)とは

上記でNFTという用語が登場しました。

NFTとは、ブロックチェーンゲームの台頭とともに注目されている「代替できないトークン」のことを指しています。

「代替できない」というとピンと来ないかもしれませんが、ブロックチェーンゲームにおける「特定のアイテムを示すトークン」と考えるとわかりやすいでしょう。

ブロックチェーンゲームでは、「アイテムA」と「アイテムB」を区別する必要があります。

ビットコインの場合、どのBTCでも1枚あたりの価値は同じで、区別されないので、ゲーム内のアイテムに置き換えるのには向いていません。

そこでNFT(ノン・ファンジブル・トークン)の代替できないという性質を利用しています。

SANDトークンで土地(LAND)を取得可能

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)は必ずしもThe Sandboxだけに用いられているものではありません。

では、The SandboxではどのようにNFTが使われているのかというと、それがLAND(土地)です。

The Sandboxは仮想空間の土地をNFTに置き換えています。

これにより、NFTを購入することで、「仮想空間の土地を所有する」ことを可能としました。

また、The Sandboxには(LANDではなく)「SAND」という独自トークンもあります。

こちらについてはNFTではなく、The Sandboxで広く使われる独自トークンです。

独自トークンのSANDと、ノン・ファンジブル・トークンのLANDはどちらも投資対象になりますが、The Sandbox内の特定の土地を購入する場合には、LANDを使うことになります。

The Sandboxの将来性は?

それでは、The Sandboxの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

ブロックチェーンゲームとNFTは盛り上がりつつある

今後数年間で規模が急拡大するとみられているブロックチェーンゲーム市場。

ブロックチェーンゲームの画期的な点は、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)を使ってアイテムを自由に売買できる点です。

まだ人気ゲームのブロックチェーン導入が遅れているため、「NFTって何?」という人も多いですが、将来的にはゲームといえば、ブロックチェーンやNFTと切り離せない時代が来るでしょう。

こうした時代の流れが、The Sandboxの追い風となる可能性があります。

The Sandboxでは、仮想の土地をNFTとして保有することができます。

ゲーム人口が増えれば、当然、ゲーム内の土地全体の価値が上昇しますし、一部は特別なプレミア価格で取引されるようになるでしょう。

The SandboxのNFTを購入することが、立派な「不動産投資」になる時代はすぐそこまで来ています。

国内外の大手取引所とも提携済み

The Sandboxはすでに、国内大手取引所コインチェックや、世界最大級の取引所バイナンスと提携しています。

コインチェックは2020年9月よりThe Sandboxに注目し、提携を行いました。

2021年2月には、コインチェックがThe Sandboxの仮想空間上の土地(LAND)をNFTで購入。これは事実上の「コインチェックの仮想空間への不動産投資」だと言えるでしょう。

コインチェックは今後、自社でNFTが売買できるマーケットプレイスを提供する予定で、The Sandboxの土地もそこで分譲(売却)する予定です。

長期的には仮想空間の土地の価格がどう推移するか不明ですが、少なくともコインチェックは「上がる」と考えているようです。

また、海外取引所のバイナンスは、自社のIEOプラットフォーム「Binance Launchpad」でThe SandboxのSANDを販売。

バイナンスの厳格な審査に通貨し、300万ドル(約3億1700万円)相当の資金調達に成功したことで、The Sandboxの信頼性が向上しています。

The Sandboxの買い方

The Sandboxは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。