仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Ultra(ウルトラ)とは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「Ultra(ウルトラ/UOS)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

ゲーム関連のプラットフォームらしいけど、もう少し詳しく知りたい

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Ultraとは
  • Ultraの将来性
  • Ultraの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Ultra(ウルトラ)とは

出典:Ultra

Ultraとは、「ゲーム業界の独占市場を破壊する」ことをコンセプトに掲げている仮想通貨プロジェクト。

市場を破壊することで、ゲーム開発者がUltraを使って直接ゲームを販売できるようにします。

「ゲームに限定したプラットフォームなのかな?」と思いがちですが、ゲームを中心とした、エンターテイメントの総合的なプラットフォームでもありますね。

なおUltraを率いているのは、David Hanson氏とNicolas Gilot氏。

それぞれゲーム業界のプロと、経営のプロ(連続起業家)であり、得意分野に注力することでUltraのプロジェクトを前に進めています。

Ultraプラットフォームでできること

Ultraを使うと、まずゲーム開発者がSteamなどの既存プラットフォームを使わず、ブロックチェーン上で直接ゲームを販売できます。

また、ゲーマーからすると、Ultra上で新しいゲームを買うことが可能。もちろんこのとき、独自トークンのUOSが利用可能です。

Ultraの将来性は?

それでは、Ultraの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

PCゲーム市場は約3兆円と大きなマーケット

Ultraが注力しているゲーム市場は大きく、たとえばPCゲーム市場は約3兆円以上の規模があるとされています。

特に新型コロナウイルスが流行してからは、巣ごもり需要もあって急成長していますね。

仮想通貨を使ったブロックチェーンゲーム、DAppsゲームは、もっともホットな分野だといえるでしょう。

Ultraを使うと、独自トークンを使ってゲームの購入や、ゲーム内アイテムの売買ができます。

またゲーム開発者はNFT(ノンファンジブルトークン)を発行可能。そのため、Ultraは、成長が期待されているNFT市場の拡大に伴い、上昇しやすい銘柄でもありますね。

値上がりのポテンシャルも大きいと評価できます。

ライバルは大手企業運営のゲーム配信プラットフォーム

SteamやEpic Games、Originといったゲーム配信プラットフォームを聞いたことがありますか?

これらはすでに、ゲームを購入できるサイトとして大きなシェアを握っています。

しかし、これらのゲーム配信プラットフォームには手数料が設定されていて、具体的にはゲームの売上の30%程度が相場となっています。

ゲーム販売者としてはできればこれらの利用は避けたいですよね。しかし、集客の観点から、これらのプラットフォームを使わないのも難しいことなんです。

Ultraは、こうした状況を改善するため「ゲーム業界の独占市場を破壊する」ことを目指しています。

Ultraには、配信前のゲームのテストを行ったり、ゲーム関連の広告を見ることで、仮想通貨を稼げる仕組みもあります。

すでに成功しているBraveブラウザにも似た、仮想通貨独自の強みがあり、Steamなどに対する差別化にもつながっています。

Ultraは多数のパートナーシップを締結

Ultraはすでに、ゲーム業界で名が知れている企業と戦略的パートナーシップに成功しています。

半導体製造会社AMDや、ゲーム開発・販売会社のUbisoft、有名ゲーム開発企業のAtari(アタリ)などが代表的な提携材料です。

また、仮想通貨を使った分散型動画配信プラットフォームのTheta Network(THETA)とも提携していますね。

Ultraはこうした提携を背景に着実に力を付けているので、NFT関連銘柄としても注目の銘柄だといえるでしょう。

Ultraの買い方

Ultraは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のGate.ioでことができます。

タイトルとURLをコピーしました