仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Voyager Tokenとは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「Voyager Token(ボイジャートークン/VGX)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

Uber(ウーバー)出身者が手がけている仮想通貨らしいけど、将来性はどうなの?」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Voyager Tokenとは
  • Voyager Tokenの将来性
  • Voyager Tokenの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Voyager Token(ボイジャートークン)とは

出典:Voyager Token

Voyager Tokenとは、手数料無料の仮想通貨取引所として知られる「Voyager」が発行する独自トークンです。

Voyagerの特徴は、複数の取引所にひとつのウォレット(電子財布)からアクセスできること。

つまり通常の取引所とは違い、Voyagerではより幅広い取引所のサービスを集約することができるんですね。

あわせて、Voyagerアプリに仮想通貨を預けておくことで、年利最大10%弱の利息収入を得ることができるというメリットもあります。

なお、Voyager Tokenは、アメリカの配車サービスUber(ウーバー)の共同設立者や、証券業界の著名人などによって立ち上げられたことでも知られています。

独自トークン「VGX」とは

Voyagerは独自トークンのVGXを発行しています。

このVGXは過去、ETHOSという名称でしたが、2019年10月にリブランディングが行われて現在の名称に変更されているので注意してください。

さて、VGXにはどんな役割があるのでしょうか?

基本的には、他の取引所と同様に、Voyagerの「取引所トークン」として機能します。

そのほか、VGXを購入して保有していると、プラスαの利息収入が得られます。

これは「ボイジャーロイヤルティプログラム」と呼ばれるもの。

もともとVoyagerには、ビットコインやイーサリアムなどをウォレットに預けておくことで、利息収入が得られる仕組みがあります。

しかしVGXをホールドしておくと、この利回りが最大で1%増加します

「VGXを保有してくれた人には、さらに多くの利回りを還元しますよ」という、特別な権利としても機能するのです。

Voyager Tokenの将来性は?

それでは、Voyager Tokenの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

Voyagerは「使いやすさ」がメリット

Voyager Tokenは取引所トークンなので、Voyagerが取引所として成長するほど、トークン価格も上昇しやすくなります。

では、競合と比較した場合のVoyagerの強みとは?

僕が注目しているのが「使いやすさ」や「利便性」です。

多くの取引所やウォレットをまたいで、Voyagerは一箇所からすべてにアクセスする環境を提供しています。

あなたは、「この取引所を使いたいけど、登録が面倒だな」と思ったことはありませんか?

多くの人も同じように思っているので、これを解消する新たなモデルを持っているVoyagerは仮想通貨業界で支持されていくことになるでしょう。

Voyagerは「利回り」を得られる!

とはいえ、「ただ便利」というだけで新規ユーザーを獲得するのは、難しくなりつつあります。

しかしVoyagerは、取引サービスのほか、仮想通貨を預けることで利回りを得ることができます。

記事執筆時点では、Voyagerの利回りは次のようになっていますね。

  • USDC:9.00%
  • BTC:6.25%
  • ETH:5.25%
  • DOT:8.00%
  • ADA:5.25%
  • LINK:5.50%
  • LTC:6.50%

「なぜ仮想通貨を預けるだけで利回りが?」と思う方もいるかもしれませんが、その仕組みは「仮想通貨レンディングサービス」。

つまり空売り用のトークンを必要としている取引所などに、仮想通貨を金利を付けて貸し出し、利息収入を得ています。

最大で「9%」という高い利回りは、多くの投資家を引きつけるのに十分なインパクトといえるでしょう。

「Voyager」はカナダの証券取引所に上場済み

ここまでの話で「Voyagerってちょっと怪しい取引所なんじゃ」と思われた方もいるかもしれませんね。

たしかに高い利回りには警戒が必要です。

しかし、取引所Voyagerを運営する「Voyager Digital Holdings」は、実はカナダのベンチャー企業向け証券取引所「TSXベンチャー」に上場しています。

仮想通貨取引所ではなく、証券取引所ですから、非常に大きな材料であることがわかりますね。

上場企業という安心感と、便利な取引サービス、高利回りなレンディングサービスの三拍子が揃っているケースはなかなかないので、そうした意味でもVoyagerは特別です。

その独自トークンのVoyager Tokenについても、底堅い値動きが期待できるでしょう。

Voyager Tokenの買い方

Voyager Tokenは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました