仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Polygonとは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「Polygon(ポリゴン/MATIC)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

「イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する『レイヤー2ソリューション』の本命らしいけど、もう少し詳しく知りたい」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Polygonとは
  • Polygonの将来性
  • Polygonの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Polygon(ポリゴン)とは

出典:Polygon

Polygonとは、「DApps(分散型アプリケーション)を30分でスケーリングできる」と主張している、イーサリアムのスケーリングソリューション。

イーサリアム上で深刻化するスケーラビリティ問題を「レイヤー2」と呼ばれるチェーンを使って解消することができます。

「スケーラビリティ問題を解決する」プロジェクトは多くありますが、Polygonならではの特徴として、イーサリアムの創設者らが開発した最新技術「Plasma(プラズマ)」を用いていることが挙げられます。

またイーサリアムと高い互換性を持ち、「イーサリアム→Polygon」への乗り換えが簡単であることや、圧倒的なスケーラビリティ能力(65000トランザクション/秒)を実現していることも特徴です。

Polygonは過去、バイナンスのIEOプラットフォームである「Binance Launchpad」で資金調達を実施。

その際、560万ドル(約6億円)の調達に成功しています。

Polygonのレイヤー2ソリューションとは?

Polygonは「レイヤー2」という手法でスケーラビリティ問題を解決します。

レイヤー2とは、メインのブロックチェーンであるレイヤー1(ここではイーサリアム)とは別の、2番目のチェーンのこと。

Polygonという別のチェーンを併用することで、イーサリアムの高い手数料を回避することができます。

また「スケーラビリティの高さ」と「非中央集権性」は通常トレードオフであり両立することは不可能とされています。

しかしPolygonはイーサリアムも併用しているため、両方の性質を高いレベルで実現することができます。

PolygonとMatic Networkの違い

Matic Network(マティックネットワーク)というプロジェクトを聞いたことがありますか?

Matic Networkとは、Polygonの旧名称です。

Polygonは2017年、Matic Networkの名称でイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するためにスタートしましたが、2021年2月に現在の名称にリブランディングされました。

仮想通貨業界におけるリブランディングでは、名称変更のほかプロジェクトの方針が大幅に変更されるケースもあります。

しかし、Polygonにおいては(細かい変更はあったものの)大きな変更はなく、「レイヤー2を用いたイーサリアムのスケーラビリティ問題の解決」に注力し続けています。

独自トークンについても、同じ「MATIC」を利用しています。

Polygonの将来性は?

それでは、Polygonの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

Polygonは最大級のスケーリングソリューション

Polygonは2021年5月現在、時価総額ランキング20位に位置しています。

スケーラビリティ問題を解決する仮想通貨は多くありますが、Polygonはこのジャンルでの最大級のプロジェクトだと言えるでしょう。

最近になり、イーサリアムのスケーラビリティ問題はますます深刻化しています。

仮想通貨市場の高騰や、DeFi、NFTブームにより、イーサリアム上のDApps(分散型アプリケーション)の利用者は爆発的に増加中。

しばらく、イーサリアムユーザーは1回のトランザクションで数千円の手数料が発生するスケーラビリティ問題に怯えることになるでしょう。

長期的なニーズが期待できる分野で、最大級の規模誇っているのはPolygonの大きな武器です。

Polygonは「Binance Launchpad」の出身銘柄

Polygonは、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスのIEOプラットフォーム「Binance Launchpad」の出身銘柄です。

上述のように、Matic Networkの名称で560万ドル(約6億円)の調達に成功しています。

このことは、Polygonの高い信頼性を証明するものであり、長期的な価格上昇にもポジティブに作用するでしょう。

なお、バイナンスでIEOを実施した際には1MATIC=0.00263ドルで販売されました。

2021年5月時点では現在、1MATIC=1.65ドルで推移しているため、627.3倍になった計算です

そのほかPolygonは、大手仮想通貨取引所コインベースのカストディサービス「Coinbase Custody」の取り扱い銘柄にもなっています。

バイナンスやコインベースなどの世界的取引所から支持されていることは、Polygonを保有する上での安心材料です。

Polygonはイーサリアムからの乗り換えが簡単

公式サイトには、Polygonを説明する以下の画像が掲載されています。

左上から

  • イーサリアムとの互換性
  • スケーラビリティ能力
  • セキュリティの高さ
  • 主権
  • 相互運用性
  • 使いやすさ
  • 開発のしやすさ
  • モジュール性

がアピールされていますが、この中で注目すべきは「イーサリアムとの互換性」です。

Polygonには、Ethereum Virtual Machine(イーサリアム仮想マシン)との互換性があります。

つまり、イーサリアム上で開発したアプリをPolygonで動かすことができるのです。

当初イーサリアム上で開発されていたプロジェクトも、スケーラビリティ問題が深刻化した今、レイヤー2ソリューションを検討しています。

Polygonはその有力な選択肢であり、スケーラビリティ問題が続く限りその価格の上昇が期待できるでしょう。

Polygonの買い方

Polygonは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました