仮想通貨EXコインの将来性とは?超国家通貨「バンコール」を模したEXC、今後上がる?

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→大幅上昇!

本日、ビットコインは78万円台で推移しており、ここ24時間で約8%上昇。

時価総額トップ10では、ビットコインSV(BSV)が11%の大幅上昇です。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①突如、ビットコインが10万円上昇!ついに大底を打ったか

連日ジリ安を続けてきたビットコインにようやく底打ち感が出てきました。

今月25日に71.1万円まで下落したビットコインは、突如反発し、一時81.3万円を回復。

現在は約78万円付近で推移しています。

なお有名仮想通貨アナリストのジョシュ・ラーガー氏は24日、

「6300ドルが現時点の最終的なターゲットだ。」

とツイートし、約68.6万円付近が「大底」だと予想していました。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

「10万円幅」の急騰を演じ、大底ではないかとの見方も広がるビットコイン。

では、何が上昇要因となったのでしょうか?

まず本日の主要ニュースをみていきましょう。

  1. 旅行プラットフォームTravalaは、230か国以上の宿泊先で仮想通貨決済を可能に
  2. 中国のブロックチェーン企業約2万8000社の内、2万5000社が独自仮想通貨の発行を計画と判明
  3. ビットコインコアが最新アップデートでv0.19.0に。メモリ節約やプライバシーの問題を改善
  4. イギリスの決済企業TransferGoがリップル社のODL(旧xRapid)を導入へ
  5. リップル社はODLを新たにオーストラリアとタイの2つの国に拡大

このように・・・急騰に繋がる決定的な材料はありませんね。

あまりに下げすぎたため自律反発したと考えるのが自然でしょう。

一方、リップルについてはODL関連で好材料が続いています。

しかし従業員のJosh Lin氏は、

「XRPは爆発的に上昇すると信じています。ただし、それには時間がかかります。5〜10年ほどの期間を考えてください。」

と述べ、同時に「2020年に100ドル突破は難しい」としました(現在0.22ドル)。

すぐに500倍はちょっとムリがありますねw

同じく、今のビットコインについてもじっくりとホールドする姿勢が大切だと考えています!

②200倍に急騰中の「EXMR」コインって何者!?

今月19日にイーサリアム建てで0.0001ETHだったEXMRは、25日(本日)には0.0209ETHまで急騰。この間、200倍以上に急騰しています。

EXMRは、「暗号通貨の利用をオンラインで10億ドルに広げる」ことを目的とする仮想通貨プロジェクト。

関連するサービスには「GetCryptoPayment.com」があり、すでに人気がある様々なオンラインショップに専用「プラグイン」を導入できます。

これによりショップはEXMRなどの仮想通貨による決済を簡単に導入できます。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

それでは、EXMRの急騰要因をみていきましょう。

  • 「トークンスワップ」が実施中!

トークンスワップとは、旧トークンを新トークンに交換すること。

今回は、旧トークン「EXMR」を、新トークンである「EXMR FDN」に交換することになります。

今後、旧トークンは非対応となり、使えなくなる上、放っておくと新トークンとの交換もできなくのでスワップは必須。

しかも、現在は「1:0.25」の比率で交換できますが、所定の時間になると「1:0.1」の割合となるため、早くスワップしたほうが有利です。

出典:https://exmrfoundation.org/swap/

執筆時点で、すでに有力な比率でのスワップ終了まで20時間程度となっていますね。

トークンスワップは「プロジェクトの進展」であると考えられる上、カウントダウンも相まって価格上昇に繋がっているのでしょう。

またEXMRトークンは、ここでは詳細を割愛するものの流通量が減少するため希少価値が上昇しやすい仕組みとなっています。

2020年には取引所とAPIの統合という大きめの材料もあるので、上昇ペースは鈍化しつつも上値を追っていく可能性があります。

③仮想通貨EXコインの将来性とは?超国家通貨「バンコール」を模したEXC、今後上がる?

当ブログが厳選する注目プロジェクトとして、今回はEXコイン(EXC)をご紹介します。

経済学者のケインズはかつて、世界共通の超国家通貨「バンコール」(bancor)と、それを支えるための超国家機関からなる経済システムを提唱しました。

EXはその理論を仮想通貨エコシステムで実現させることを目指すプロジェクト。

また、世界最高水準のセキュリティ、および世界の決済システムの1/3を代替可能なサーバーを持ち、送金スピードは0.2秒と超高速であることも特徴です。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

ビットコインなどの仮想通貨と全く異なる構想を掲げる、非常に面白いプロジェクトですね!

たとえばビットコインは「マイニング」によって新トークンが発行されますが、EXにはマイニングはありません。

というのは、現実世界では「GMF」(国際通貨基金)という世界の中央銀行がありますよね。

EXコインについても、「EX中央銀行」とも言うべき機関があり流通量やEX価格をコントロールしているため、マイニングは不要なのです。

具体的には、、、

  • EXコインが高騰する→「中央銀行」がEXを新規発行する
  • EXコインが低迷する→「中央銀行」がEXを買い支える

という感じで、「金融政策」が行われることになります。

昨今、中国などが「中央銀行による仮想通貨」を発行しようとしています(チュニジアでは実際に発行されました)。

では、こうした流れが加速した場合、どうなるか?

究極的には、国家の枠を超え「世界にたった1つの中央銀行」が世界共通のコインとして存在している可能性もあります。

EXは、まさにそんな時代を先取りするプロジェクトなのです。

今後については、EXコインを開発する房広治さんの教室や、公式YouTubeチャンネルが始まるとのこと。

ちなみに、チャートはこのように安定感しています。

高すぎる目標が実現するかは別として、ウォッチしていたいプロジェクトですね!

本日のまとめ

  1. 突如、ビットコインが10万円上昇!ついに大底を打ったか
  2. 200倍に急騰中の「EXMR」コインって何者!?
  3. EXコインの将来性とは?超国家通貨「バンコール」を模したEXC、今後上がる?

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す