仮想通貨Power Ledger (パワーレジャー/POWR)は今後上がる?ユーザー同士で「電力」を自由に売買できるプラットフォームの将来性

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは112万円台で推移しており、ここ24時間で約1%上昇。

時価総額トップ10では、テゾス(XTZ)が6%上昇しています。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①仮想通貨ビットコインへの関心が急上昇!!爆上げの前触れか?

上昇を受け、ビットコインへの関心が高まっています。

SNSツイッターでの「ビットコイン」キーワードを含むツイート数は2月2日、7万5000ツイートを記録。

出典:https://bitinfocharts.com/comparison/bitcoin-tweets.html#2y

上記のグラフのとおり、2年ぶりの高水準となりました。

また、グーグル検索における「ビットコイン」キーワードの検索数も同じく増加が確認されており、過去7日間の検索数は2019年以降で最大を記録しています。

検索数やツイート数は、個人投資家のビットコインや仮想通貨への関心度を測る指標として知られています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

端的に「地合いがよくなっている」ということでしょう。

またグーグル検索については、人は仮想通貨を購入する前に「ビットコインって何なんだろう?」「仮想通貨ってどうやって始めるんだろう?」ということで検索するので、これから仮想通貨が買われるという「先行指標」とも言えますね!

それでは、本日の主要ニュースはこちら。

  • BTC先物の取組高(OI)の合計が、50億ドル(約5500億円)を突破するなど好調
  • サッカー名門クラブ「FCバルセロナ」がファン向けトークンを仮想通貨Chilizと提携して発行すると発表
  • 国内最大級の仮想通貨メディア「コインポスト」の編集長が「3月よりアルトコイン情報により力を入れた配信スタイルを開始します。」と発表(アルトコイン全体に追い風?)
  • 仮想通貨取引所のGMOコインが累計口座数「30万口座」突破と発表
  • バイナンスが販売所形式の取引プラットフォームで新たに6種類の新規法定通貨を追加(イスラエル(ILS)・南アフリカ(ZAR)・ハンガリー(HUF)・ニュージーランド(NZD)・スイス(CHF)・韓国(KRW))

またビットコイン関係の指標としては、Redditの「ランボルギーニ」キーワードを含む投稿数と、ビットコイン価格との相関性が話題となっています。

ビットコインが上がると、ランボルギーニを買おうとする人が増えるのでしょうか?

この相関性はあまり当てにならないとは思いますが、ここまで一致していると、もはや美しいですね(笑)

②仮想通貨Power Ledger (パワーレジャー/POWR)は今後上がる?ユーザー同士で「電力」を自由に売買できるプラットフォームの将来性

1月29日、0.0000045BTC(450satoshi)だった仮想通貨Power Ledger (パワーレジャー/POWR)は、15日(本日)には0.0000097BTC(970satoshi)に上昇。また、本日の24時間の上昇率は約22%に達しています。

Power Ledgerは、「電力」を売買できるプラットフォームを提供している仮想通貨プロジェクト。

最近では、自宅のソーラーパネルなどを使って電力を発電し、それを電力会社に売却する、といったことが増えています。

Power Ledgerは仮想通貨の「スマートコントラクト(契約機能)」を使って、「電力」を電力会社を通さずユーザー同士で売買できるようにします。

2018年4月には、関西電力と共同の技術開発に乗り出したことでも知られています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

Power Ledgerは、2016年にオーストラリアで創業されたのスタートアップ企業ですね。

上記のツイートのように、コインテレグラフといった大手メディアにもよく登場していて、最近は特に露出度が高まっている印象です。

さて、そんなPower Ledgerの価格はなぜ好調なのでしょうか?

直近では、以下の2つのニュースがありました。

  • Power Ledgerが、イタリア最大の電力会社の1つであるAlperia SpAと新たに提携!
  • POWRトークンが取引所Bittrex Globalに上場(10日発表)

取引所の上場については、説明するまでもなく定番の上昇要因なので、Alperia SpAとの提携についてお話していきます。

大手電力会社との提携というだけでも大きな材料ではありますが、今回は特に、「Power Ledgerの爆発的な普及」につながる可能性があるため、価格上昇につながっています。

そもそも、Alperia SpAがなぜPower Ledgerと提携したかというと、Alperia SpAが電力会社として新しいビジネスモデルを模索しているからです。

具体的には、「エネルギー(電力)の売買」「エネルギーの原産地の追跡」「再生可能エネルギーの証明書の発行」など。

Power Ledgerのサービスをひととおり試しに導入してみて、これがうまくいけば、Alperia SpAの顧客28万以上にPower Ledgerのサービスが採用される可能性があります。

また、これは新しい材料ではなく、少し前から始まっているものですが、「Solar Pilot Program」というプロジェクトがあります。

インドのニューデリーという地域にて、Power Ledgerの取引プラットフォームを使って電力を管理者不在(P2P)で売買できるようにしよう、というものです。

最近の仮想通貨市場では、「実用化の見込みがあるコイン=価値あるコイン」と、「電子クズ」の二極化が進んでいますが、Power Ledgerは順調に実用化が進んでおり、こうしたことから「価値のあるコイン」に分類できるでしょう。

本日のまとめ

  1. 仮想通貨ビットコインへの関心が急上昇!!爆上げの前触れか?
  2. 仮想通貨Power Ledger (パワーレジャー/POWR)は今後上がる?ユーザー同士で「電力」を自由に売買できるプラットフォームの将来性

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す