やりたいプレイではなく勝てるプレイをする

こんにちわ、阿部です。

スポーツの秋だというのに、台風が来ているようで、、残念な天気がつづきますね。

あなたはスポーツは好きですか?

僕はカラダを動かすことが大好きです。

そしてスポーツは観るのも大好きです。

特に、テニスはスポーツの中でも一番と言うくらい興味があります。

そして日本を代表する世界的なテニスプレーヤーといえば、錦織圭選手ですよね、、

リオオリンピックでのメダル獲得、ワールドツアーでの活躍など、観ているだけで勇気と感動をもらえちゃう感じです。

そんな錦織選手が、非常に興味深いコトバを残しています。

実はこれって、投資の世界にも共通してるんですよねー、、、

勝てる投資の為に!執着を捨てて進みましょう

投資の世界は、勝ち負けが直接、損得につながるのである意味では”勝負の世界”と言えることができます。

そして”勝負の世界”といえば、スポーツ選手を思い浮かべる人も多いと思います。

その試合の勝ち負けが直接、収入につながるのでまさに”勝負の世界”です。

プロテニス界で活躍する錦織圭選手が、こんな興味深いコトバを残しています。

やりたいプレイと勝てるプレイが違うので、自分とたたかっている

つまり、自分が好きなプレイと、試合に勝つためのプレイは、同じじゃないということです。

「やりたいプレイ」とは、自分が好きなテクニックだったり、得意だと思っているテクニック、これって、かっこいいと思っているテクニックなどです。それが決まった時の爽快感は素晴らしいものがあります。

しかし、いくらそれにこだわっても試合に負けては意味がありません。

プロテニス選手にとっては人生をかけた勝負の世界です。

試合に勝つということが、一番大切なことです。

なので、「やりたいプレイ」よりも「勝てるプレイ」をやる。

そこにフォーカスする必要があるということなのです。

これは、投資にもあてはまります。

「やりたい投資」ではなく「儲かる投資」をやることが大切です。

自分が好きな投資手法や、自分が好きな暗号通貨、コインなどいろいろと「やりたい投資」があると思います。

ですが、本当に、今のタイミングで、それが儲かるのかどうか、よく見直してみることが大切です。

たとえば、特定のコインに愛着がわいてしまっているかもしれません。

人間は無意識のうちに、「執着」という魔物を持ってしまいます。

この「執着」こそが、投資やトレードにおいては、あなたの足を強烈に引っ張る存在になるのです。

儲けるために投資をやっているんだから、儲かる投資をするのがあたりまえ

あなたが熱くなればなるほど、「執着」が出てきてしまいます。

なので、これって、今のタイミングで本当に儲かるのか?

常に俯瞰して、冷静に考えてみることが大切なんです。

「やりたい投資」ではなく「儲かる投資」「勝てる投資」に切り替えていきませんか?

=============

情報は公平に手に入れられる

=============

仮想通貨市場は、とにかく新しい市場です。

どんな市場でも先行者が得をすることが当然のようにあります。

その先行者利益をもしもあなたが得たいと思うなら、待っているだけなら、誰も配ってなんかくれませんよね。

情報は、早く手を挙げた人から、公平に知ることができます。

あなたが知りたい情報があるなら、コンマ1秒でも早く、、手を挙げたほうがいいと思います。^^


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す