【Amazon】商品登録の方法を徹底解説!

こんにちは、阿部です。

amazonで商品を買ったことはあっても、マーケットプレイスで自ら商品を販売した経験がある方は少ないのではないでしょうか。

amazonは世界最大級のオンラインのショッピングサイトです。

「セラーセントラルの操作方法が分からず、作業が進まない」、「間違えて、商品登録をしてしまったらどうしよう」と悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

今回は、amazonへの商品登録の方法を画像つきで解説します。

この記事を読むことで、amazonに販売したい商品を登録し、実際に販売する方法が理解出来るでしょう。

まずはamazonに出品者として登録しよう

amazonマーケットプレイスで商品を販売するためには、出品者としてamazon出品サービスに登録しなければなりません。

amazon出品サービスには、月額4900円の大口出品サービスと、月額無料ながらも注文成約時に一点につき100円の手数料が発生する小口出品サービスがあります。

大口出品・小口出品ともに、注文成約時には販売手数料が発生します。

また本、ミュージック、ビデオ、DVDにはカテゴリー成約料が別途発生するので気を付けてください。

amazon出品サービスについて

小口出品、大口出品どちらを選ぶべき?

amazonでの販売経験がなく、「まずは手元にある商品を一点だけで良いので販売してみたい」という方には、小口出品での販売が適しています。

小口出品ではamazon.co.jpに掲載されている商品のページから在庫数や価格などの簡単な情報を入力するだけですぐに販売を開始することが出来ます。

一方、小口出品の難点は一点につき100円発生する手数料の存在です。

大口出品の月額料金は、月4900円です。

月におおよそ50点を上回る販売数を想定している方は、大口出品を選びましょう。

ここからは大口出品者の方を対象とした商品登録方法を紹介していきます。

セラーセントラルから商品登録をしよう

出品者としての登録が完了すると、セラーセントラルへのログインが可能となります。

セラーセントラルの「商品登録」の項目から、商品を登録していきましょう!

今回は「Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド」を例にして紹介していきます。

「商品を1点ずつ登録する」の入力欄に登録する商品のJANコード、もしくはASINを入力してください。

「検索」と記載されたボタンをクリックすると、該当する商品が表示され、「出品する」をクリックし、商品の詳細情報を登録する場面に移ります。

商品の詳細情報を入力しよう

詳細情報の入力ページには、簡易表示と詳細表示が存在します。

詳細表示をすることで、ポイント付与やセール価格の設定、出品文の登録など細かな商品情報の登録が可能です。

今回は、詳細表示での登録方法を紹介します。

入力を推奨する項目は、「出品者SKU」「販売価格」「コンディション説明」「コンディション」「商品が売れた場合、Amazonに配送を代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA在庫)」です。

「出品者SKU」には商品管理用のコードを自分で考え、入力します。

仕入れ価格や仕入れ日が分かるように入力すると、商品管理や利益額の算出が簡単になるのでおすすめです。

「販売価格」「コンディション」はそれぞれ必要な情報を入力してください。

特に「コンディション」はトラブルの原因となるので、注意が必要です。

例えば「新品」と記載しながら、外箱に著しいダメージが有る場合などには、クレームとなることがあります。

その場合は、「ほぼ新品」などのコンディションを選択しましょう。

「コンディション説明」には、商品状態や商品構成、付属する部品などを詳しく文章で記載するようにしてください。

amazonに配送代行、カスタマーサービスを依頼する

「商品が売れた場合、Amazonに配送を代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA在庫)」にチェックを入れることで、amazonに顧客への配送や、返品対応などを委託することが出来ます。

Amazonに配送を委託せず自ら配送する場合には「商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)」にチェックを入れてください。

この場合、注文が入る度に自宅や倉庫から注文者に商品を出荷する形になります。

注文情報を常にウォッチし続けることが難しい場合には、「商品が売れた場合、Amazonに配送を代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA在庫)」にチェックを入れ、amazon倉庫に商品を納品し、配送代行を依頼するようにしましょう!

「出品制限が適用されます」の表記を確認しよう


amazonの出品者には、出品者ごとにカテゴリー別の出品制限が存在します。

制限となるのは、人の肌や身体に直接影響を与える可能性のある商品です。

写真

例えば、高級ブランド品のように模造品、贋作等が購入者の手に渡るリスクがある商品、メーカー側で特定店舗のみに販売許可を与えている商品、また化粧品や食品など。

これらは多くの場合、出品の前に事前の審査が求められます。

出品制限が適用されている商品は、審査を通過しなくては販売は出来ません。

これからamazonで商品を販売したいと考えている方は、仕入れの前には必ず「自分のアカウントで販売することが出来るのか」を確認するようにしましょう。

「出品制限が適用されます」の表記は、「商品を1点ずつ登録する」の欄にJANコードを入力すると確認可能です。

自宅にある不用品で、amazon販売をスタートしてみよう

引っ越しや断捨離など家にある不用品を処分する際には、amazonで販売してみましょう!

amazonへの商品登録は難しくはありません。

小口出品、大口出品それぞれ自身にあったステータスで出品者として登録amazon販売をはじめてみましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す