NEM(ネム/XEM)とは?今後の将来性・特徴・最新情報を徹底解説!!

仮想通貨ビギナー
NEM(ネム/XEM)ってどんな通貨なんだろう?一時期、ハッキングされて話題になってたよね?ネムは今後上昇するのかな?誰か教えてくださいー!

今回は、NEM(ネム/XEM)の将来性・特徴・最新ニュースをご紹介します。

2018年1月にコインチェックでハッキングされて、世界中で話題になったネムさん。

ただ、それは取引所の管理体制に問題があり、ネム自体に問題はありません。

コミュニティも活発で、今後も大きく上昇する可能性を秘めている通貨だといえます。

さっそく解説していきますね!

NEM(ネム/XEM)とは?

  • 2015年3月発行
  • 総発行量は90億XEM(ゼム)
  • NEMはプラットフォーム名、XEM(ぜム)は通貨名
  • 1600人の投資家に均等に分配(マイニングなし)
  • New Economy Movement(新しい経済運動)の頭文字をとってNEM
  • 第三者機関に縛られずに新しい経済活動を目指す
  • ロゴ「金銭的自由・分散化・平等」の3要素

1600人の投資家に均等に分配とは、他の通貨にはない仕組みです!(この1600人に入りたかった・・・)

NEM(ネム/XEM)のリアルタイム価格

 

 

NEM(ネム/XEM)の特徴

ネムの特徴をまとめると下記です。

  • POI(Proof of Importance)
  • カタパルト
  • 独自トークンが作成可能
  • 冨が集中しにくい
  • ネムは送金スピードが最速クラス
  • 独自トークンが作成可能
  • コミュニティが盛ん

それぞれ解説していきます!

POI(Proof of Importance)

POIとは、保有量と取引量額、回数で手数料がもらえる仕組みです。

ビットコインでいうマイニング(採掘)というものがなく新規発行はありません。

そのため、NEMはマイニング(採掘)ではなくハーべスティング(収穫)と呼ばれる技術で取引を承認し手数料を受取ることができます。

誰がハーべスティングを行うかは取引数、取引量、取引相手などを考慮しランダムで決定されています。

カタパルトとは?

 

  • NEMの機能をアップデートするプロジェクト
  • 2018年3月26日にβ版が実装されている
  • スピードとスケーラビリティを大きく改善
  • 取引処理4000件/秒とVISAカード並みに
  • データ容量が大きすぎて決済スピードが遅くなる、スケーラビリティの問題を解決
  • 集約トランザクションとマルチレベルサインアカウントの導入

難しい言葉が並んでいますが、要するにネムの最終形態と覚えておけば問題ないです。(ドラゴンボールでいうフリーザ最終形態みたいな感じですかね(笑)

ビットコインは、取引量が増加すると、処理能力が間に合わずに送金遅延が発生します。(スケーラビリティ問題)

そこで、「処理能力を高めてスムーズな利用が出来るようにする!」というのが「カタパルト」と呼ばれるアップデートです。

このカタパルト実装に伴って専用のウォレットが公開され、そこにネムを預けているとカタパルトトークンがもらえるとのことです。

ちなみに、既存のネムも廃止されずに存続されます。

NEM(ネム/XEM)は長期的に「富の集中」が発生しにくい

仮想通貨の最大のメリットとは何なのか。

その1つとして「分散型」であること、つまり特定の国や機関などに管理されないことが挙げられます。

しかし、本来は分散型であるはずの仮想通貨において特定のユーザーやマイナーに権力が集中する傾向(中央集権化)が最近見られます。

中央集権化が進みすぎると、その仮想通貨のメリットが失われ、ユーザーが離れてしまう可能性があります。

最終的には価格が下落してしまう、ということにもなるでしょう。

そこで、ネムにはそうした中央集権化が発生しにくいProof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)というコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

短期的にはビットコインなどのProof of Workなどでも問題はないのですが、ネムは長期的な視点でProof of Importanceを採用しています。

NEM(ネム/XEM)は送金スピードが最速クラス

ネムの実用性の高さが評価されている理由として「送金スピードの早さ」が挙げられます。

ネムは2018年内にも「カタパルト(Catapult)」という大掛かりなアップデートを実施する予定です。

これにより、なんとネムの処理能力は約3000〜4000件/秒となる見通し。

ビットコインの処理能力は約7〜14件/秒、イーサリアムの約15件/秒であることを考えると、いかに処理速度(=送金スピード)が早いかが分かりますね。

仮想通貨決済にネムが採用される確率も、グッと高まると思います。(ちなみに、カタパルトのアップデートでは、送金スピードのほか、セキュリティ向上、利便性向上など総合的なパワーアップが図られます。注目の材料となるでしょう。

独自トークンが作成可能

NEMには、オリジナルトークンをつくれる機能があります。

それが「モザイク」という機能です。

モザイクでは、個人が自由にトークンを発行することができます!

ちなみに、モザイクベースで作られたコインで代表的なのは、日本でも有名なCOMSA(コムサ)という通貨です。

NEM(ネム/XEM)はコミュニティが盛ん

NEMはコミュニティがとても盛んです。

コインチェックでハッキングされた際には、ネムコミュニティの人が協力して犯人を追跡したりしていました。

また、ネムバーと呼ばれる、ネムで支払いができるバーも東京にあります。

 

ネムバーは終了となっていました・・・(笑)

NEM(ネム/XEM)への投資は日本人が有利?

投資で成功するために必要なのは、そのコインについて詳しくなること、そして新たな動向やトレンドをしっかりとつかむことですよね。

この点からいえば、ネムへの投資は日本人にとって有利かも知れないです

なぜなら、ネムは日本で特に盛り上がっており日本人のホルダーも多く、日本語情報も多いからです。

仮想通貨トレードをとことん極めるなら英語の習得も視野に入れる必要がありますが、ネムなら日本語の情報に困らないため、英語力をカバーできます。

有利な場所で戦うのも、投資に欠かせない戦略といえるでしょう。

NEM(ネム/XEM)の価格推移

(対BTCのチャート)

  • 2017年12月の仮想通貨バブルで最高値を記録  232円
  • 2018年1月26日 国内大手仮想通貨取引所のコインチェックでハッキング
  • 2018年3月 約20円まで暴落
  • 2018年3月20日 大手仮想通貨取引所Binance上場 約30円から約38円まで上昇
  • その後は下落を続け2019年11月現在約6円

カタパルト始動で価格はどうなる?

 

当初の開発予定からだいぶ遅れましたが、ネム最大のアップデートである「カタパルト」が遂に始まります。

テストネットが2019年11月27日、メインネットは2020年2月〜3月を予定しています。

カタパルトについてザックリまとめると下記です。

  • NEMの機能を大きくアップデートするプロジェクト
  • スピードとスケーラビリティを大きく改善
  • 取引処理4000件/秒とVISAカード並みに
  • データ容量が大きすぎて決済スピードが遅くなる、スケーラビリティの問題を解決
  • 集約トランザクションとマルチレベルサインアカウントの導入

難しい言葉が並んでいますが、要するにネムの最終形態ということです。(ドラゴンボールでいうフリーザ最終形態みたいな感じですね(笑))

ビットコインは、取引量が増加すると、処理能力が間に合わずに送金遅延が発生します。

いわゆる、スケーラビリティ問題です。

そこで、「処理能力を高めてスムーズな利用が出来るようにする!」というのが「カタパルト」と呼ばれるアップデートです。

このカタパルト実装に伴って専用のウォレットが公開され、そこにネムを預けているとカタパルトトークンがもらえるとのことです。

ただ、このトークンは新たな通貨となるので国内取引所では取り扱えません。

コインチェックが先日ステラを上場させたので、もしかすると・・・と言われてます。(あくまで予想ですが)

もしカタパルトトークンが上場となれば爆益ですね!

NEM(ネム/XEM)のチャート分析で今後の価格を予想(2019年11月19日)

(BTC建ての日足)

日足で見ると、0.0000043(約3.79)~0.0000055(約4.8円)当たりをうろうろしています。(2019年11月19日現在)

毎回行くときは、一気に飛ぶので、0.0000048くらいで仕込んでおいて良いかと思います。(ツイッターでも言われてました笑)

あまり底を狙いすぎると、買えずに急騰してしまう倍もありますので注意ですね。

もし、買いそびれたら、高値掴みにならないよう押し目で買っていきましょう!(急騰後は大体下がります)

カタパルトトークン配布後は、売却するのが良いと思いますね。

NEM(ネム/XEM)最新ニュース

ネムの最新ニュースをお伝えします!

遂にカタパルト始動!【2019年11月】

 

2019年11月27日いよいよカタパルトが始動します。

NEMが躍進!取引所「Easy Crypto」に上場決定【2018年8月20日】

Easy Cryptoは仮想通貨が比較的盛んなニュージーランドの取引所です。

仮想通貨を「最短」かつ「簡単」に買えるプラットフォームとして知られています。

同取引所は40近い仮想通貨に対応していますが、先日、NEMが新たに追加されました!

対応の通貨ペアはニュージーランドドルとなっています。

バイナンスに上場【2018年3月20日】

 

大手仮想通貨取引所への上場といくこともあり、約30円から約38円まで上昇しました!
 

NEM(ネム/XEM)を買うのにおすすめの取引所

手数料も安く、取引量も多いので海外取引所のBINANCE(バイナンス)がおすすめです。

ちなみにネムは国内取引所のザイフ、コインチェックでも購入することができます。

ただ、ザイフは新規登録が停止しており、コインチェックに関しては手数料がめちゃくちゃ高いです。

海外取引所で購入する場合は、日本の取引所でビットコインを購入して送金する必要があるので、少し面倒です。

が、コインチェックで高く買うよりは良いですね。

使いかたは、Binance(バイナンス)の口座開設・登録方法・入金/出金方法・API取得方法をカンタン解説!を参考にしてください!

 

まとめ

  • ネムは第三者機関に縛られずに新しい経済活動を目指すプロジェクト
  • ネムの最高値は232円
  • 最終形態のカタパルトが遂に始まる ・テストネット:2019年11月27日 ・メインネット:2020年2月〜3月を予定
  • カタパルトトークンが付与される予定
  • カタパルトでネムの処理能力は約3000〜4000件/秒になる(ビットコインは約7〜14件/秒)

ネムさんは、ここで上がらなきゃもうどこで上がるんだって感じですからね・・・

たぶん期待に答えて上昇してくれるでしょう!

ネムを購入するならバイナンスがおすすめです!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す