仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨QTUM(クアンタム)とは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「QTUM(クアンタム)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

ビットコインとイーサリアムのいいとこ取りをした仮想通貨らしいけど、実際のところどうなの?」

と、QTUMについて気になっていませんか?

そこで今回は、以下のポイントについてわかりやすく解説。

この記事でわかること
  • QTUMとは
  • QTUMの将来性
  • QTUMの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

QTUM(クアンタム)とは

出典:QTUM

QTUMとは、ビットコインとイーサリアムのそれぞれの技術的な長所を「いいとこ取り」し、新たな価値を生み出すことを目指した仮想通貨。

2016年3月、クアンタム財団(Qtum Foundation)により開発され、プロジェクトが開始されると、2017年9月に、正式版となるメインネットのローンチに成功しました。

QTUMの詳細な解説に入る前に、ビットコインとイーサリアムのそれぞれの長所について理解しておきましょう。

  • ビットコイン:セキュリティに優れるメリットがあるが、シンプルな通貨ゆえ拡張性が低いデメリットがある
  • イーサリアム:DApps(分散型アプリケーション)を構築できるなど拡張性が高いことがメリットだが、セキュリティは理論上BTCにわずかに劣るデメリットがある

つまり、QTUMはビットコインとイーサリアムのコア技術をベースに作成されているため、安全性に優れていながら、拡張性も高い仮想通貨となっています。

なお、QTUMは2017年3月、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を実施し、1560万ドル(約16.1億円)の調達に成功しています。

ここからは、ビットコインとイーサリアムの「いいとこ取り」をしているQTUMを支える技術的な特徴についてご紹介します。

UTXO

QTUMは、ビットコインに採用されている安全性の高い残高確認方法である「UTXO」を採用しています。

これはトランザクションを処理するモデルのひとつで、仮想通貨を保管しているウォレットに「仮想通貨の残高」そのものを記載しないようにすることで、第三者からの取引の追跡を困難にする技術。

その代わりに、数多くの取引を計算することで、結果的に残高を明らかにする方式を採用しており、これをUTXO(Unspent Transaction Output/未使用トランザクションアウトプット)と呼んでいます。

ビットコインやQTUMには、匿名性コインのような完全なプライバシー性はありませんが、ビジネスでの活用に耐えうるレベルの匿名性や信頼性を確保しています。

スマートコントラクト

あわせてQTUMは、イーサリアムに採用されているDApps(分散型アプリケーション)を構築するための欠かせない技術スマートコントラクトを使うことができます。

スマートコントラクトは「契約機能」のことで、単に仮想通貨を送金するだけではなく、条件を指定したさまざまな契約をコードで制御することができます。

これにより、企業は、プラットフォーム上にさまざまな機能を持つアプリケーションを開発することができるようになります。

ビットコインの「UTXO」とイーサリアムの「スマートコントラクト」を両立するのは困難なようですが、QTUMでは、これを「アカウント・アブストラクト・レイヤー(AAL)という技術で実現しています。

QTUMの将来性は?

それでは、QTUMの将来性についてどう考えればいいのでしょうか?

QTUMのビジョンは「ビジネス用途での活用」

QTUMの特徴を端的にいえば、「信頼性の高いスマートコントラクトを使えるイーサリアム」といったイメージ。

高いセキュリティレベルが要求している企業が、より信頼性の高いDApps(分散型アプリケーション)を開発したいとき、QTUMが採用されるかもしれません。

事実、QTUMはこれまで大手企業との提携に成功してきました。

たとえばGoogleはQTUMと提携し、スマートコントラクトを使ったDAppsの開発環境を構築するのに役立てています。

またAmazonは2018年10月、子会社のアマゾンウェブサービス(AWS)の中国部門をQTUMと提携させました。

これにより、Amazon Machine Image(AMI)という、早く安くスマートコントラクトを開発できるテンプレートを開発しています。

2019年3月には、「アップルペイ」や「サムスンペイ」による支払いにQTUMが対応。

アップルペイなどと提携するモバイル決済アプリ「Zeux」がQTUMをサポートしたため、アップルペイを導入するすべてのサービス、店舗にてQTUMで決済できるようになりました。

このとき、QTUMは1週間で2.1ドルから2.8ドルになりました。

大手企業との提携材料で価格が上昇しやすいのが、QTUMの特徴といえそうです。

QTUMは国内取引所への上場も達成

2020年3月、国内大手の仮想通貨取引所コインチェックQTUMが上場しました。

また2021年1月27日により、国内取引所のビットバンクもQTUMの取り扱いを開始します。

国内からの新たな買い圧力が期待できる、ビッグニュースとなっています。

QTUMの買い方

QTUMは国内取引所のコインチェックビットバンクで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました