弱気vs強気シナリオ、半減期後のビットコインはどうなる?

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

本日の相場→上昇!

本日、ビットコインは94万円台で推移しており、ここ24時間で1%上昇。

時価総額トップ10では、ビットコインSV(BSV)が約4%の独歩高ですね。

またイーサリアムでは、規制に準拠した先物取引が開始されるというニュースがありました。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①弱気vs強気シナリオ、半減期後のビットコインはどうなる?

2020年5月12日4時23分、ビットコインは歴史上3度目となる半減期を迎えました。

出典:coinpost.jp

これまでビットコインは、ブロックチェーンの1単位である「1ブロック」毎に12.5BTCが新規発行され、マイニングを行うマイナーの報酬になっていました。

これからは報酬が半減し、1ブロック毎に6.25BTCとなります。

マイニング報酬となったBTCはマイナーを経由して市場での売り圧力となることが多いため、半減期はビットコインの「上昇要因」のひとつとされます。

前回の半減期(2016年7月)から見ると、ビットコインは約13倍に上昇。

2017年12月のピーク時には、一瞬ではありますが30倍以上の上昇幅を記録したこともあります。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

半減期は基本的に「上昇要因」とされていますね。

ただし、マイナー報酬が減少するため、マイニング業者にとっては収益面で厳しさが増します。

最終的には業者の撤退が進み「ハッシュレートが下落しかねない」というネガティブな指摘もありますね。

ハッシュレート(マイニングの合計パワー)はビットコイン価格と連動しやすい指標なので、価格下落につながるのでは?という懸念もあるということです。

僕自身、そうした懸念や、過去の値動きの傾向から、今後数ヶ月で70~80万円台まで下落する可能性があると考えています。

しかししばらくすれば懸念は払しょくされ、また半減期でマイナー報酬が半分になり市場で売られるBTCが少なくなるため、年末には240万円を目指して上昇していくでしょう。

ちなみに、2020年は半減期ラッシュであり、モナコイン(8月予定)、Lisk(9月予定)、ジーキャッシュ(10月予定)のそれぞれの半減期にも注目ですね!

それでは、本日の主要ニュースをみていきましょう。

  • 取引所bitFlyerと、Liquid by QUOINEは、仮想通貨FXの新規受付利用を当面の間停止。「金融商品取引法」改正への対応に追われる
  • 中国国営メディアがビットコインの半減期についてポジティブに報道。規制の強い同国では異例
  • ヘッジ・ファンド業界の大物ポール・チューダー・ジョーンズ氏が100億円相当をビットコインに投資していることが判明
  • イーサリアム共同創設者ヴィタリック氏「イーサリアム2.0の開発は順調」

なおイーサリアムでは、アメリカ初となる規制に準拠した「イーサリアム先物」が誕生しました(取引所ErisXにて提供)。

この先物は「現渡し」なので、期日が来ると実際にETH現物をやり取りします。

つまり、イーサリアム現物の需要増大につながり、市場価格にもポジティブに作用するでしょう。

また、初めて「規制に準拠した」ETH先物が誕生したことは、イーサリアムはアメリカで「有価証券認定」されずに済むと見ることもできます。

有価証券に認定されてしまうと(仮想通貨取引所ではなく)数少ない「証券取引所」でしか売買できなくなってしまうので、それを避けられる可能性が高まったことは好材料ですね!

本日のまとめ

  • ビットコインは歴史上3度目となる半減期を迎える。なお今後はモナコイン(8月予定)、ジーキャッシュ(10月予定)、Lisk(9月予定)のそれぞれの半減期にも注目!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す