BTCはもう「約110万円を下回らない」!?最後の買い場である根拠

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは116万円台で推移しており、ここ24時間で約1%上昇。

時価総額トップ10では、リップル(XRP)が8%上昇していますね。

リップルについては、今年10月中旬に「さらなる上昇要因」が控えているため、後ほどご紹介します。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①BTCはもう「約110万円を下回らない」!?最後の買い場である根拠


仮想通貨アナリストのflibflib氏は、ビットコインは10500ドル(約110万円)がサポートライン(買い注文が入りやすい支持線)になると述べました。

「来たね!10500ドルは、サポートになる。それからは本当に面白いことになる」

当ブログでは先日、ビットコインは108万円台がサポートになる(下図)と解説しましたが、同氏もほぼ同じ見通しです。

また先日、ビットコインが一時120万円に迫るなど急騰したことで、その他の有識者もますます強気な見方を強めています。

ビットコイン強気派として知られるマックス・カイザー氏は、

「仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は28000ドルに達するまで上昇をやめないだろう」

と述べ、30000ドルあたりで若干調整(下落)するも、その後10万ドル(1000万円超え)へ向かうとしました。

インフルエンサー達はビットコインが上昇する「根拠」を必ずしも論理的に述べているわけではありません。

しかし、ビットコイン相場がFOMO(上昇に取り残されることへの恐れ)によって上昇することを考えれば、感情面・心理面の改善は、価格にとってポジティブともいえます。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

「とにかく上がるんだ!」「強気相場が来た!」という雰囲気になってきましたが、これは単純なFOMOへの期待以外にも根拠があります。

そのひとつとして僕が注目しているのが、「金」「米国株(S&P500)」「ビットコイン」の3つの連動性。

コロナショックの3月から7月中旬頃までは、ビットコインはS&P500(上図オレンジ線)と連動していました。

しかし直近では、ビットコインは金(上図黄線)と連動するようになっています。

ここでポイントとなるのが、金の上昇は今後、かなり有力視されているということ。

米大手投資銀行ゴールドマンサックスは、金の12カ月の見通しを2300ドルに引き上げています(現在は2000ドル弱)。

これにより「ビットコインは金に連動して上昇するのではないか」と考える投資家がますます増え、結果的に価格上昇につながることが期待されます。

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • ビットコインの急騰で、市場に供給される全ビットコインの「95%」が含み益と判明
  • 仮想通貨カルダノの大型アップグレード「シェリー」、予定通り今月29日実施へ
  • ビットコインは「-2.87%」で難易度調整完了。マイナー動向の安定を示す
  • 機関投資家が中心の取引所、米CMEとBakktのビットコイン先物で出来高が急増(参考)

なお本日より、リップル社が主催のカンファレンス『Ripple Swell Regionals』が行われます。

これは「SWELL」という文字が入っているのものの、毎年恒例のリップル最大のカンファレンス「SWELL Global」と比較すると、地域別に順次行われる小規模なもの。

やはり上昇要因という点では、後者「SWELL Global」に注目ですね。

2018年のSWELLとその直前の買い場

2018年には、10月1~2日にSWELLが開催。8月~9月に仕込んでおくことで、2倍以上の利益を得ることが可能でした。

2019年のSWELLとその直前の買い場

また2019年には11月7~8日にSWELLが開催。相場環境などもあり上昇幅は控えめでしたが、9月に仕込んでおくことで1.5倍ほどの利益を得ることも可能でした。

そして2020年には、10月14~15日にSWELLが開催予定です。

例年どおり、1~2ヶ月前にXRPを仕込み、SWELLの2週間前に売却(利食いによる下落を避けるため少し早めに売却)することで、期待値の高い投資になるのではないかと考えています!

本日のまとめ

  • BTCはもう「約110万円を下回らない」のか!?僕自身は割れる可能性は「ある」と考えているが、米大手投資銀行ゴールドマンサックスが金の見通し引き上げるなど、ビットコインの追い風が強まっていることも間違いない

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!

コメントを残す