JPモルガン「ビットコインの本質的価値は半減期で2倍になった」と報告

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→下落!

本日、ビットコインは94万円台で推移しており、ここ24時間で約1%下落。

時価総額トップ10では、イーサリアムが2%下落していますね。

イーサリアムでは、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」がテレビCMの放映を開始するという材料がありました(後述)。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①JPモルガン「ビットコインの本質的価値は半減期で2倍」と報告

世界的金融企業JPモルガンのアナリストが、ビットコインの本質価値が2倍になったとするレポートを公開しました。

上図で、黒がビットコイン価格、青がビットコインの本質価値を表しています。

JPモルガンはビットコインの本質的価値を採掘コスト(マイニングに必要となる電気代などのコスト)などのファクターから算出。

レポートによるとビットコインの本質的価値は11,500ドルとなっており、半減期を経て約60万円→123.6万円になったことになります(BTCの市場価格は現在94.8万円)。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

「本質的価値」とは、ビットコインの現在価格(時価)とは異なる「本来の価値」のことですね。

金(ゴールド)や原油などの資産では、その採掘コストから本質的価値を計ることが多くあります。

採掘するのに最低でも○○円かかるのだから、○○円以下にはならないだろう(原価以下にはならないだろう)」ということですね。

ビットコインの採掘はデジタルで行われるなど多少の違いはありますが、「採掘コスト以下にはなりにくい」という考えは仮想通貨市場に根強くあります。

僕自身も、数ヶ月後には11,500ドル(123.6万円)くらいまで上昇するとみています!

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • ビットコインのクジラが「買い集め」を開始か。暴落中の5日間で計12000BTC(120億円)を追加購入
  • インド中央銀行が「銀行口座禁止令」を公式否定。仮想通貨市場に追い風
  • 国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤーが「赤字」に転落。マネーロンダリング対策のシステム構築コストが響いたか
  • 中国による仮想通貨「デジタル人民元」は2022年北京五輪までに発行か

なお、イーサリアムを使ったブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」がテレビCMの放映を開始しましたね。

出典:prtimes

クリプトスペルズは、「ゲームにかけた時間もお金も情熱も、あなたの資産となる世界」がテーマのトレーディングカードゲーム。

CMにはもこうさん、むじょるさんといったユーチューバーが起用されるとのこと。

クリプトスペルズが流行れば、金銭的価値を持つカードがデジタル上で取引されるようになり、イーサリアム経済の拡大につながります。

もともと遊戯王などのトレーディングゲームでカードが高値で取引されている前例があるので、クリプトスペルズにも期待しましょう!

本日のまとめ

  • JPモルガンのアナリストが、ビットコインの本質価値が2倍になったとするレポートを公開。採掘コストでBTCのバリューを計る方法には一定の根拠あり!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す