仮想通貨の儲かる情報を公開中!

【LTC/ライトコイン】VISA決済に対応するライトペイとライトパルとは?

仮想通貨ニュース

こんにちは、阿部です。

仮想通貨市場が一時的に下降トレンドとなっている昨今ですが、長い目で見れば安く買える絶好のチャンスでもあります。

そのためか、市場の盛り上がりは冷めておらず、一部では非常に積極的に買われているようですね。

そんな買い手の原動力となっているのが、確実に進みつつある仮想通貨の現実社会での実用化です。

先日、ライトコイン(Litecoin)の決済サービスである「ライトパル」がVISAに対応しました。

それにともないライトコインの価格も上昇。

これを機会に、新たな時代の流れをしっかりと押さえておきましょう!

ライトペイ(LitePay)とは?

ライトペイは、ライトコインを使った即時決済サービスです。

ライトコインを使って瞬時に買い物ができるため、カードや現金を持ち歩く必要がなくなります。

ライトペイは顧客にとってのメリットでもありますが、店舗側にとってもメリットがあります。

ライトコインで支払われたお金は、即時で日本円や米ドルなどの法定通貨へ両替され銀行口座に振り込まれるため、キャッシュレスとなり手間が省けることから評価されています。

ライトペイが普及すれば、現金やクレジットカードを使わずスマートフォン1つで買い物できるようになるでしょう。

以下、ライトペイの特徴をいくつか取り上げてみました。

【手数料がわずか1%】

 ライトペイの支払いには手数料が発生するものの、その額はわずか1%。

ローコストで仮想通貨決済を導入できるため、広く普及する可能性は大いにあると見ています。

【ライトペイは価格上昇要因】

投資家として注目したいのは、クレジットカードサービスでおなじみの「VISA」とライトペイの提携による価格上昇です。

先日発表された両者の提携により、これまで以上にライトコインが決済に使われるようになると考えられることから、市場価格もこれを機に上昇してきています。

ビットコインにおいて同じようなサービスが始まった際も値上がりしたため、ライトコインの今後の価格にも注目していきたいところです。

【ライトコインは決済向き】

ビットコインにて同じようなサービスが使えるのなら、ライトコインを使ったライトペイは使われないのでは?と感じるかもしれません。

しかし、実はライトコインにはビットコインにはないメリットがあります。

決済(送金)スピードの早さと、ライトコイン自体の手数料の低さです。

ビットコインを使いやすくしたものがライトコインであることから、「ビットコインは金ならライトコインは銀」ともいわれていますね。

ライトパル(LitePal)が2018年後半に登場

すでにリリースされているライトペイのほか、2018年後半には「ライトパル」(LitePal)もリリースされる予定です。

まだ詳細が明らかではない部分もありますが、オンライン決済サービスとして高いシェアを誇るペイパル(PayPal)ライトコイン版に近い内容といわれています。

ペイパルとは、クレジットカードを登録しておくことで、そのカード情報を相手に教えることなく決済できるなど便利なサービス。

ライトパルについても、高いセキュリティで高速(60秒)な取引を実現。

もちろん、世界中の支払いに対応可能です。

ライトコインの将来性は?

現在すでに1000種類以上の仮想通貨が存在しますが、なかでもライトコインはいち早く誕生した仮想通貨として確かな地位を築いています。

今後、その価値を大幅に下落させることはよほどのことがない限り考えにくいため、少額から購入してみるのは誰にとってもよい戦略でしょう。

また、ライトコインには今後いくつかの値上がり要因も控えています。

2018年後半に控えたライトパルのリリースのほか、ハードフォークにより「ライトコインキャッシュ」が誕生したこと、また開発者リー氏が、ライトコインのバージョンアップ版を検討していることなどが上昇を加速させるのではないかと期待されています。

状況次第では高騰することも考えられるので注目していきましょう!

今回は、ライトコインのライトペイ(LitePay)などについて解説しました!

タイトルとURLをコピーしました