仮想通貨QURAS(キュラス/XQC)の将来性とは|分散型ストレージのテストローンチで、今後上がる?

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは59万円台で推移しており、ここ24時間で約5%上昇。

時価総額トップ10でも、多くの通貨が5%以上上昇していますね。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①ビットコイン「ガチホ勢」は絶対売らない!GMOコインにBAT上場で反転なるか?

「ガチホ勢」は暴落時でもビットコインを手放さないことで知られていますが、それが今回、データの面からも実証されました。

仮想通貨分析企業スキュー(Skew)によると、ビットコインの値動きの激しさを示す3カ月インプライド・ボラティリティは、昨今の暴落で過去最大に上昇。

これは過去3ヶ月でビットコインが最大級の価格変動(今回のケースでは暴落)だったことを意味します。

一方で、過去12ヶ月以上「ガチホ」しているBTCアドレスは、1821万と最高水準を維持。

出典 : IntoTheBlock

ビットコインは今月13日に付けた40万円前半の安値を約1週間更新しておらず、下げ止まり感も出てきていますが、これはガチホ勢の忍耐によるところも大きいかもしれません。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

まだまだ油断はできませんが、ビットコインに底堅さが出てきましたね。

なお国内では、大手取引所「GMOコイン」にBasic Attention Token(ベーシックアテンショントークン/BAT)が上場したことが話題となっています。

この上場について、

「わけのわからないコインの前にモナコインじゃないの?」

と否定的な声もありますが、BATはプロダクトの「Braveブラウザ」が非常によく出来ており、実力のあるプロジェクトなので、このトークンの日本での認可は歓迎すべきところでしょう。

このトークンについては過去記事「Basic Attention Token (ベーシックアテンショントークン/BAT) が新ウォレット材料で急騰中!」でも解説しています。ぜひご覧ください。

さて、本日の主要ニュースをみていきましょう。

  • 仮想通貨Steemのハードフォークおよび新通貨付与、バイナンスが対応発表(これにより前日比2.7倍に上昇!)
  • BitMEXがレポートで「ビットコインに歴史上最も大きな好機」とコメント。コロナウイルスによる株価下落を受けて
  • イーサリアム創始者のヴィタリック・ブテリンが、ツイッターで自身の考えに基づいたイーサリアム2.0の「5〜10年後」を公表
  • ニューヨーク証券取引所(NYSE)が新型コロナ対策で23日(月)より取引フロア閉鎖へ。すべてネット取引に
  • ビットコイン支持者ジャック・ドーシー氏によるスクエア社が2021年に「銀行」を設立へ
  • 仮想通貨相場サイトCoinMarketCapが各仮想通貨の「評価」を掲載

CoinMarketCapのコイン一覧から簡単にそれぞれの仮想通貨の「評価」が見られるようになりましたね。

出典:https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin/ratings/

たとえばビットコインであれば上記のように「A-」「議論の余地のない、仮想通貨のヘビー級チャンピオン」などと記載されています(笑)

まだ日本語には対応していませんが、Google自動翻訳などを併用しながら読んでみると、各コインの大まかなファンダメンタルズを掴むことができますよ。

②仮想通貨QURAS(キュラス/XQC)の将来性とは|分散型ストレージのテストローンチで、今後上がる?

ちまたで話題の注目コインとして、今回は仮想通貨QURAS(キュラス/XQC)をご紹介します。

QURASは、プライバシー性にもっとも優れた技術とされる「zk-SNARKs」を活用した匿名性コイン。

匿名性コインとは、誰が送金したか外部から判別できない仮想通貨のことです。

匿名性コインは他にも存在しますが、QURASは「匿名性技術とスマートコントラクト(契約機能)を組み合わせる」ことに初めて成功。

高い技術力により、今や日本でもっとも注目されるプロジェクトの1つともいわれています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

「匿名性コイン」と聞くと、DASH、Monero、Zcashが思い浮かぶかもしれませんが、これらの通貨には「スマートコントラクト(Smart Contract/契約機能)」がありません。

そこを補足したのが、キュラスですね。

もともと技術的に有望なコインではありますが、直近ではさらに、以下のような材料がありました。

こうした効果もあってか、直近では底堅い値動きをしています。

現在は調整してしまいましたが、ここ24時間で一時0.08→0.14ドルまで上昇していましたね。

では、キュラスの今後についてはどうでしょうか?

  • メインネット開始後に「分散型ストレージ」がテストローンチ予定

という材料に注目ですね。

「ストレージサービス」といえばDropboxやOne driveといったサービスが有名です。

しかしこれらは、企業が中央集権的に顧客のデータを管理しているため、サービスが止まるとデータが一時的にアクセスできなくなったり、完全に失われたりします。

一方のキュラスの分散型ストレージでは、「誰か」の余ったローカルストレージを有効活用し、プライバシーとセキュリティを守りながらデータを保管することができます。

この分散型ストレージには、コアなネットユーザーなら知っている人もいるであろう「BitTorrent(ビットトレント)」というオープンソース技術が使われています。

こうしたことで、話題性・露出度がジワジワ上昇中です。

分散型ストレージがテストローンチされる2020年2Q(4~6月)までの間、上昇していく可能性があるため注目していきましょう!

本日のまとめ

  1. ビットコイン「ガチホ勢」は絶対売らない!GMOコインにBAT上場で反転なるか?
  2. 仮想通貨QURAS(キュラス/XQC)の将来性とは|分散型ストレージのテストローンチで、今後上がる?

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す